フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

チラ、チラチラ・・・っとこうね!フフフフ・・・・。

 

「あっ!ピンクのソイジョイ!」by田中麗奈

このCMと

「やらしぃやろぉ・・・」by豊川悦司

このCMがお気に入り

どっちもトヨエツでてますね。

あの渋い顔で変なキャラがたまらんw

そんなハイテンポかつソイジョイなトヨエツはさておき、

華の金曜日こと華金にブログを更新させていただきます。

 

さて、世間では今スイーツが流行っておりますね。

私もお気に入りスイ―ツはもっぱら醤油団子ですがね。

あの甘辛いタレがたまらなく美味い!

あのたれがミソなんですよねぇ・・・。

アメリカンな曲を聞きながら団子を食うというのが最近の日課。

絶妙なマッチ!

演歌聞きながらハンバーガー食うようなもんです。

もうロックに身を委ねながら団子をカッ食らう・・・。

戦前なら想像もつかない光景でしょうな。

昭和初期にこんなことをやってたら

「非国民めぇえええ!!!」

と言われながら石でも投げつけられてますねw

 

で・・・本題に入るわけですが・・・

まぁまだ団子の話ですが、

色んな場所で団子を食ってみたい訳ですよ私は!

例えばまぁ山の中、海岸、草原、オシャレなバー・・・・

食う場所によって味の変化も必ずあると思うんですよねぇ。

山の中はもう多分ピッタリですな。

海岸なんかも・・・もうこれぞ海の男って感じかな←(馬鹿だと自分で気づいております)

もうオシャレなバーなんかじゃもう最高だね!

もう当然ギャップがね

もう行きつけのバーって感じで女の子とかと一緒に行ったりしてね!

「マスター!いつものやつ!」

とか言ったりするわけですよ!

マスターも「はいよっ!」

なーんて顔なじみだから気さくな感じで返事するわけ!

もうバーの中じゃチャーリー・パーカーだの何だのってジャズがかかってたりするわけ!

そんでポンっと出されるのがそう・・・・

醤油団子ですよ・・。

こう音楽聴きながらね!

団子をカッ喰らいながら女の子といい感じになったりして・・・・。

ね!

妄想もここまでだよね☆

言いたいことは解ってます。

重々承知です。

承知の上で書いてますが何か?

 

きっとくるよ・・・・こういう日がきっと・・・・。

高級スイ―ツブームがなんだってんだ・・・・・

団子ブームだってそのうち来るやい・・・・・。

きっとそのうち白金のセレブ達団子片手に銀座を闊歩する日が来るよ・・・。

 

そんな日が来るまで・・・・、

私は団子をカッ喰らうのをやめないだろう・・・・。

 

・・・・・映画レビュー・・・・・

おなじみドラマ版「私立探偵濱マイク」第10話

210e20tww8l 監督:竹内スグル

ゲスト:浅野忠信、柄本明、モロ師岡、松村邦洋 他

マイクのもとに、鑑別所時代に世話になった工藤神父(柄本明)が訪ねて来た。工藤は20年前に救えなかったユキオ(浅野忠信)が、どうしているのか知りたいという。ユキオの過去を聞いたマイクは、自分の人生と重ね合わせて複雑な思いで捜査を開始する。そんな中、ユキオは少女と援助交際をしていた男性を殺害しようとしていた。彼は平然と殺人を繰り返す非情な殺し屋になっていた。

遂に第10話か・・・・。

実は一番好きな作品です。

「こんな作品が作れるなんて・・・・天才だ・・・・」って思いましたね。

見た当時は。

なにより浅野忠信と永瀬正敏、この二人が揃うとどうしてこんなに作品に厚みが出るのでしょうか。

素晴らしい役者陣です。

そして肝心のストーリー。正直言ってかなり暗い話です。

殺し屋になってしまった昔の相談人ユキオ、そして彼を必死に救おうとする神父。

感じたことは二つ。

神を逃げ道にしてしまったユキオは、もうそれしかより所が無かった。

信じるしかなかったんです。

そして子供の頃の彼にに答えを出してやれなかった神父の思い。

後悔であり、当時の彼に対しての恐怖であったり、・・・・・・。

なんにしても悲しいような、悔しいような・・・・。

今日の台詞はこれ!

神父さんがユキオに対しての言葉

「神様が許してるから生きているんじゃない!君が生きたいから生きてるんだ!」

こんな作品が作れるような監督に自分は成りたいです。

にほんブログ村 映画ブログへ

2008年5月28日 (水)

奴という悪魔の生まれた日

 

ARI ザ バースデイ

今日はあのフーテンの誕生日です。

間違って昨日「おめでとう!」ってメールしたら

「明日です」

と冷静に突っ込まれました。

はずかてぃいいいぃぃぃいいいい☆

さてこんなトチ狂ったガチボーイの嘆きはさておき。

アリさん誕生日おめでとうです。

 

さて!

今週も始まりましたがまだ水曜!

まだ真ん中です。

水曜どうでしょう見て喜んでいる場合ではありやせん!

テストは数学がダメ!

あんなに勉強してだめだったなんていささかショックです!

へへへ。←全然こたえてない馬鹿一匹

皆さん海外ドラマの「LOST」はご存知ですか!?

自分は海外ドラマの中ではプリズン・ブレイク、24、デスパレードな妻達、マイアミ・バイス・・・・

色々見てきましたが一番ハマッております!!

海外ドラマはフルハウスに始まり、LOSTに終わります!!

現在シーズン2が深夜で放送されておりますが!

自分我慢できなくてレンタルでシーズン3も鑑賞済み!

母と親子二代ではまっております!!

母はソーヤというワイルドな男にご執心のようです。

 

そんな中!あのトチ狂いファンキーガイのスティービーもただ今LOSTにご執心の様子!

学校で顔を合わせるたびLOSTの話ばかりです。

しかも母と同じくソーヤファンw

目が合うともう

「ふふぅ♪そばかすちゃん☆」

と、LOSTファンにしか解らない合言葉でファン心をくすぐりあっています。

まったく・・・ふふふふふ

しかしながらスティービーは今シーズン1から見直して復習中とのことで

見てない先を「なぁ!あいつ死ぬの?」「あいつ敵なの?」

なんてネタバレ要求してきやがります。

バカ野郎が!先知ったらハラハラ感がなくなっちまうだろうが!

そういうんですがスティービーは

「その過程を楽しむからいいんだよ♪」

と・・・・

結局優しく教えてやる俺は悲しきネタバレ屋さん♪てへっ☆←(ツッコミ無用!!)

見てない人は損してる!!!!!

LOSTシーズン3!絶賛レンタル中!

お近くのレンタルショップへ走れ!!!!

 

ちなみに俺もソーヤファン!☆

てへっ☆←(ツッコミむよ・・・・・)

 

・・・・・映画レビュー・・・・・

おなじみドラマ版「私立探偵濱マイク」第9話

21hz9engmxl 監督:中島哲也

ゲスト:松方弘樹、派谷恵美、麻生裕未、勝村政信、光浦靖子、杉本彩、
キューティー鈴木、林家ペー&パー子 他

WHO IS YOUR HERO?

マイクは女子高生のカオル派谷恵美から、かつていじめから救ってくれた元教師・スギサキ(勝村政信)を捜してほしいと依頼される。マイクが見つけたスギサキはひ弱でさえない男、唯一の輝かしい経歴が“ミスターニッポン”での優勝だという普通?の男だった。。マイクはスギサキを尾行し、地味な女(光浦靖子)と待ち合わせてホテルに入るところを写真に収める。ホテルでスギサキの監視を続けていたマイクは、突然、謎の男(松方弘樹)に殴り倒される。男は「あの男には近づくな」とマイクに忠告すると姿を消した。

マイクシリーズで一番ポップな作品ですねこれは。

なんといっても映像の色彩も鮮やかです。

誰にでもヒーローがいる。あなたのヒーローは誰?

マイクをヒーローとして認める男、そしてヒーローを探す少女。

その二つの人間関係が妙に入り混じりあう。(一方は投げっぱなしだがw)

本当にこの作品はポップとしか言いようの無いw

”男とは何か?”という問いにマイクが翻弄されるとき、

本物の男が静かに語りはじめる。

ラストの大?どんでん返しもたまらない!

ヒーローはピンチのときに現れる!?

今日の台詞はこれ!

アリさんの誕生日もかけてマイクの一言

「ハッピーバースデイ♪」

ちなみに自分のヒーローはレスラーの藤波とスパイク・リー監督とヴィンセント・ギャロ。

にほんブログ村 映画ブログへ

2008年5月25日 (日)

それが人ってもんだろう!?!?

 

風邪もよくなりましてナァナァな日々を過ごしております。

特にする事も無く、あいにくの雨という天気から今日は引きこもりな感じです。

と、

いうことで、昨日は色々あったけど書くこともないので前行った山のことでも・・・

 

前と言っても、先々週のことで学校終わったあとなーんも予定のない日でした。

そんなときふと山を見たら

「いい感じだな・・・今日は・・・」

と意味不明にいい感じになってしまい一人で山に入っていきました。

誰か誘うにもみーんな予定が入っていたので一人寂しく・・・。

というか学校終わったあと、「山行こう」なんて言っても用事がなくても多分断られたと思うが・・・・

 

そんな寂しさにかられながら一人黙々と山散策。

で、この間と同じところまできて景色をたしなみました。

080512_16370001

な・・・なんという風景・・・・。

冬とはまた違った良さが・・・・・・。

一人で山の良さに浸って約二十分・・・

ここである事件が起こる。

 

なんの音もしない・・・静寂に包まれた山という空間。

そこに人という猿一匹。

そこは山という場所であり、それはいかにも不自然な光景だ。

しかし、そんな静寂を切り裂く音が林の奥から聞こえてきた。

ガサガサガサ・・・・・

 

!!!!!!

俺は一瞬で理解した・・・。

人ではない・・・・。

人ではない何かがこちらに向かって歩いてくる。

獣、あるいはもののけの類か・・・。

そんな中さまざまな考えが頭を巡る・・・

「熊か?鹿か?・・・・。鹿でも突っ込んでくるから危ない・・・。熊ならなおさらだ・・。」

「いや・・・そいつが何かを見定めてやるのも一興だな・・・」

「いや!まてまて!そんなリスクのあることを・・・」

ガサガサ・・・

 

考えている間にもそれはドンドン近づいてくる・・・。

くっ・・・

その瞬間林の奥から黒いものがチラッと見える。

 

熊だっ!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

ダッシュ!!!!!!

ダッシュで山を駆け下りる。

全身の筋肉という筋肉が熊という恐怖を感じ、脳からの伝達に従いそれを動かしたのだ。

気づいたら走っていた・・・

そんな言葉今まで信じてはいなかったが、今は信じられる。

足の動くスピードはドンドン上がっていた。

くだりということもあってか・・・。

思えばあの時ゆうに、マッハ3はでていたな・・・・。

そんなベン・ジョンソンもびっくりなスピードで山を駆け下りた俺はこう思った。

あれって本当に熊だったのか?・・・・

ビビリとでもなんとでも言いやがれ!

死んだらそんなことも言ってられんのじゃい!

それが人ってもんだろう!?!?

山って怖いネ☆★

 

・・・・・映画レビュー・・・・・

今日もドラマ版「私立探偵濱マイク」第8話

21vr34k5w3l 監督:石井聰亙

ゲスト:渡瀬美遊、EITA、夏生ゆうな、柳ユーレイ、永澤俊矢 他

ある夜、マイクは運転する車の前に全裸で飛び出した見知らぬ女性・詩織(渡瀬美遊を助ける。事情を聴こうとしたところ、マイクは奇妙な制服を着た男女にたたきのめされてしまう。直後、マイクは別の男女に拉致される。先ほどの制服の男女を”プレアー”と呼ぶ彼らは、どうやら敵対する組織らしい。横浜に戻ってきたマイクは、茜(中島美嘉)からプレアーがカルト集団で、彼らが”カリスマ”千尋(EITA)を支持していることを聞かされる。

なぜ七話が飛んでいきなり八話なのかというと、

七話のDVDを持ってないから。

ずいぶん前に全話見たんですがなにぶん昔なもんで・・・・

濱マイク七巻、十二巻、持ってないので発見した方ご一報よろしく!!

さてストーリーのほうは中々好きな話です。

仮想現実世界のとりこになっていく人々・・・。

マトリックスへのオマージュですかね。

そんなサイコ的な中に、子供の頃の思い出という懐かしさをとりいれたストーリー。

中々新鮮です。

この女は一体・・・。

彼女はあの頃と・・・。

なぜみんなとりこになって行くのか・・・。

ラストのマイクの背中がとても寂しいです。

ノブさん役のブランキージェットシティ中村達也が非常にかっこいいです。

今日の台詞はこの話の題名にもなっているマイクの一言!

「時よとまれ・・・。君は美しい。」

寂しいラストだなぁ・・・。

にほんブログ村 映画ブログへ

2008年5月23日 (金)

口も鼻も・・・・!!

 

季節の変わり目・・・・

この時期になるとなるのが鼻詰まり

そして今回は喉まで痛くなりやがる・・・。

しかも昨日に至っては熱まで出やがった・・・。

 

テストが終わって気が抜けるとこれだモノなァ・・・・

学校であのクソ野郎に風邪をうつされたのも一つの原因だな・・。

 

さてそんな風邪も、昨日よりは大分マシになったので記事をいそいそと書かせてもらいます。

アメリカンな曲を聴きながらこうしてアップさせてもらっているのですが・・・

今日はガッコをやすんじまいましたんでずっと家に居たんで何にも書くことが無いんですね。

しかし、

今日は確かガッコでは遠足の班決め席替えする日だったんだなぁ・・・。

風邪をうつした張本人は今ごろ元気になってウキウキしながら席替えーの、班決めーのしてるんだなぁ・・・・

俺は鼻水と喉の痛みに必死になって戦ってるというのに・・・・・。

あの野郎・・・・・・

こういうのを俗に言う

逆恨みってやつだね☆

 

まっテストの後だったんでよしとしましょう!

 

さてさてこんないい天気なのに家の中にずっといるってのもなんか勿体無い感じがするんですけども

やっぱりそこはしょうがない・・・。

しかしながらそんな風邪っピキの自分に昨日こんな電話がかかってきました

「もしもしそちらゴトヒロ様の携帯でよろしいでしょうか」

「・・・・はい」

「こちらバンタン映画学校のものですが」

「?????」

そういえば・・・と思い出したのはテスト前に資料請求したバンタン映画学校

資料請求だけなのに電話とは何用だ?

「・・・あぁ・・・はい・・何ですか?」

風邪で弱りきっていた自分に今この電話は少々きついものがあった

「あのですね、住んで居る所が青森ということで・・・・・が・・・で・・・・を・・・ですので・・・」

正直冗談ではなく熱で意識が朦朧としていたのでこんな感じに聞こえていました。

「はい・・・えぇ・・はい」

その中でされた質問はこれ

「好きな映画はなんですか?そうですねぇ・・・邦画で・・・何か・・・」

好きな映画はなんですか?

この質問は映画好きにとっては嬉しい質問なのだが邦画と限定されるとグゥの音もでない自分

邦画限定でなければ声をあげてズラズラと並べていくところだが

邦画限定、加えて熱で意識が朦朧、この二つがそれをさせなかった。

「えーと・・・・好きな邦画ですか・・・・えぇーと・・・・・」

部屋のDVDの棚の邦画層の薄さが悔やまれる。

その瞬間DVD棚で目に付いたのが映画レビューでお馴染み私立探偵濱マイク

「えぇーと私立探偵濱マイクとか好きですね・・・・」

「濱マイクですか!へぇー良いですね!林海象監督の!」

「はい・・・」

「あの作品は・・・・永瀬正敏さんが・・・で・・・と・・・なので・・・だそうなんですね!・・・・それで」

相手側は何か興奮して嬉しそうに話してくれているのだが

意識朦朧で何言ってるか全然聞こえないのは言うまでもなく・・・。

「はい・・・えぇ・・はい・・・」

俺って最低・・。

ですが重要な部分は聞いていたので何とか・・・。

来月青森まで来てガイダンスを開いてくれるというので是非おこしくださいとのこと。

こんなクソッたれの風邪っぴき野郎のために何度も説明してくれて・・・いい人でした・・・・。

 

おっとたった今そのバンタン映画学校から頼んだ資料が届きました!

何たるグッドタイミング。

さてさてじっくり読みこむか・・・・。

 

・・・・・映画レビュー・・・・・

いつもの通り、昨日電話口で自分を救ってくれたドラマ版「私立探偵濱マイク」第6話

217evn7tt5l 監督:青山真治

ゲスト:鈴木京香、大塚寧々、原田芳雄、菊池百合子 他

怪しげな自己啓発セミナーに参加した娘(菊池百合子)を連れ戻して欲しいと依頼を受けたマイクは、山奥の山荘で行われているセミナーに受講生を装い参加する。そこでは"先生"と呼ばれるカリスマ教師(鈴木京香)のもと、番号で呼ばれあう受講生達が自分のしたいことを見つけるために、思い思いの時間を過ごしていた。

森は生き、人は朽ちていく・・・・・。

監督はユリイカの青木真治監督。

この作品、中三の頃見たときは「なんじゃこれ?意味わからん」

な作品だったんですが最近になって見直してみると、非常に深い作品だということが・・・・。

「マイクさん。森の奥にあなたそっくりの木があるの・・・。」

先生の言葉に振り回されるマイク。

ここではしたいことをする。

自分がしたいことが解りますか?

静かな生命力をたたえた森と対照的に、不完全さに自滅していく人間たち。

森の奥にあったマイクそっくりの木とは?

笑うマイクは森の奥で何を見たのか?

 

あなたは自分自身を探せますか?

にほんブログ村 映画ブログへ

2008年5月19日 (月)

ドゥン♪!ドゥドゥドゥドゥドゥドゥ♪ドゥドゥドゥドゥン!♪

 

現代社会!

溜まるものはストレス、性欲、食欲、物欲・・・・。

人間たぁあ欲深い!

どうせ溜まるなら金だけにしてちょ☆

 

パソコン復活喜ぶなかれ!

財布は空っぽ今月地獄!

4月5月と月日は止まらず、

― 時よとまれ、君は美しい。

そんな言葉を信じつづけ、

明日からテストを覚悟して、

記事作成に臨んでおります。

こんばんは!

今日はこんな感じで書き書きと・・・ね♪☆

 

学校に行きたい!、そう思うのは、

卒業後!

解ってはいるが、今はまだ

ダラダラ登校、バカ丸出しで。

 

コンビニの募金箱!

これ大切!

解っちゃいるが、入れられない・・・・

無い奴から取るな!ある奴から取れ!

悲しきかな貧乏性・・・・。

 

国とは

皆が皆とは言いません

弱いものには上から、強いものには印象良く。

他がどうした自分は肥えてる。

無いときゃ我らの財布から

自分の身だけは絶対死守、大衆なんざなんのその

年中やることこれ一つ!国民の不安煽ること

座ってるだけで万札貰い、しゃべるだけで実現しない。

ねじれ国会なんざ知りません。

議事堂で話すのは勝手だが、

所詮我は蚊帳の外

「ありがとうございます!ありがとうございます!」

外から金の要求が聞こえてくる・・・・

こっちゃな~んもありがたくない。

「不満があるなら自分で変えろ!」

そんな勇気自分にゃありやせん

変える仕事はあんたらですよ

どうか良くなる方向で・・・・・。

 

自分なんて

明日はテストだ毎年毎年。

そんなにバカの基準を決めたいか?

小学4年のあの頃に

「お前は計算全くダメだな!」

アレから8年進歩なし!

先生今ごろどうしてるのやら・・・

中学の頃1を取り、

「これ以上下がりようないじゃんか♪」と

自分自身を慰めて、

そして今またテストの時期

これ以上下がれば卒業無理か

結局尻に火が点いてる☆

思えばあの頃股間に夢膨らまし・・・・

たまに涙で枕も濡らし・・・・

そんで暗闇でティッシュも濡らし・・・

思春期思春期青い春

今もまだまだ青い春。

じっくりじっくり自分を育てます・・・・。

 

人間観察する人間へ

人見て人見て何観察

何故に人より上目線。

他人の振り見て我がふり直せ。

そんな言葉は君にぴったり

魚が水族館に行くのと変わらず。

されてる方は余計なお世話

 

今の自分へ

 

テスト勉強しろやぁぁぁぁぁぁああああ!!!!

 

・・・・・映画レビュー・・・・・

お解りの通りドラマ版「私立探偵濱マイク」第5話

21kdz92v3rl 監督:須永秀明

ゲスト:窪塚洋介、南部虎弾、鳥肌実、南原清隆、浜村淳、hitomi、ナンバーガール 他

マイクは近所の小学生・美貴(佐藤葉月)のことを気にかける。リストラされた父と二人暮らしの美貴。いじめられて泣いていた美貴のために、なけなしのバイト代で人形を買ってやるマイク。だが喜び勇んで家に帰った美貴の前には、首つり自殺をした父の姿が・・・

「従業員が世話になった」など、身に覚えのないことをあちこちで言われるようになり、不審に思うマイク。そんな折、妹の茜が誘拐された。誘拐犯の与えるヒントを元に、マイクは大阪万博記念公園へ。そこにはマイクと同じ格好をした男(窪塚洋介)が、「俺が本物のマイクだ」と言い張りながら茜を人質に立てこもり、警察や報道陣に取り囲まれて大騒動になっていた。

今回も多彩なゲストの登場。映画「濱マイク・シリーズ」に登場した情報屋の星野くん(南原清隆)、おもちゃ屋のおやじに電撃ネットワークの南部虎弾、バキューン女(hitomi)、鳥肌実まで出演するとは! 金欠でストリップ劇場でバイトするマイク、探偵よりも似合っているような

ついに5話ですか

この作品は正直感想がかなり難しい。

言ってみれば悲しい話。

この監督は一体何を伝えたかったのか・・・・。

難しいところ・・・・。

マイクになりたかった男、愛されたかった少女、

感じたこと多いですが一体どうやって言葉にしたらよいのか・・・・

見た方はぜひ感想をお願いします!

今日の台詞はこれ!

中島美嘉演じるアカネがマイクからの手紙を見ての一言

「・・・・・バカ兄貴・・・・・・」

中島美嘉と結婚したい・・・・。

にほんブログ村 映画ブログへ

2008年5月14日 (水)

金という紙切れ一枚で人は狂う

 

憎い・・・

金が憎い・・・・

多分明日、明後日あたりパソコンが止まります

 

理由は3ヶ月間料金未払いのため・・・・。

 

 

 

 

 

サボっていたツケを払わされる時が来た!!!!!

ちきしょうめ!

結局女以前に金かよ!!!

3ヶ月分・・・・しめて一万二千円くらいか・・・・。

 

俺の少ない給料が吹っ飛ぶ勢いだぜ☆★へへっ!!

 

なんでそんなに陽気なのかって?

もう女、金、進路、テスト、色んなことがありすぎて頭が回りませぇえええん★☆

もう笑うしかねーやはははははははははははははははは・・・・。

 

くぅ・・・・。

 

昔こんなことを親に教わったことがあります。

それは

「どうにもならないときは大声で叫べばいい」

そんなことを聞いた子供の頃の俺は

「叫ぶとどうなるの?」

と聞き返すと

こんな返事が返ってきた

「どうにもならないことがどうでもよくなる

 

・・・・・・・・

 

何も解決してない!!!☆★

 

そんな子供の頃から現実逃避の方法を教わってきたのか俺は・・・・

どうにもならんさ!!!

それはどうしたって無いものは無いんだからそれはしょうがないのさ!!

そんなときは思いっきり叫んでやろうぜ!!

 

叫び声が近所に響き渡っているのはご愛嬌

そしてそれを教えてくれた張本人の母に「うるさい!!!」と言われるのはショックですが・・・・・。

 

・・・・・映画レビュー・・・・・

もういい加減しつこいと言われそうですがもうここまできたら最終話の12話まで紹介してやる勢いです。

今日はドラマ版「私立探偵濱マイク」第4話

214ypg0ds0l 監督:行定 勲

ゲスト:ジェニー・チャン、岸部一徳、南果歩、石橋蓮司、宮内玲奈(MAX) 他

マイクは中国人のヤン・メイホア(ジェニー・チャン)から、曽根崎(岸部一徳)と言う男を捜して、1通の手紙を渡して欲しいと依頼を受ける。曽根崎は20年前に上海でメイホアの母と恋に落ちた、まだ見ぬ父親だった。マイクは曽根崎を見つけ出すが、彼の反応は冷たいものだった。

メイホアの弟を演じていた鈴木翔吾クンはNHK「ちゅらさん」で恵理の息子・和也を演じていた子役。

濱マイクではちょっと異色の話。

といっても毎回監督が違うので全話が異色なんですがねw

なんといっても今回の見所は映像の美しさ。

ゲストのジェニー・チャンも綺麗ですねぇ。

そして岸辺一徳さんから漂う哀愁。

なぜ彼はメイホアに冷たいのか・・・・。

なぜ手紙を受け取らないのか・・・。

その理由は見ていれば解ります。

悲しくもあり、愛しくもなるラブストーリーですかねぇ

悲しい話ではありますが、最後に彼女を救ってくれたのは桜の美しさと一途な愛でした。

今日の台詞はこれ!

メイホアの台詞

「中国のアイという字には心が無い・・・・でも日本のにはがある」

なんにしても美しい作品です。

にほんブログ村 映画ブログへ

2008年5月13日 (火)

クール?・・・ノー!極上クール!!!

 

先日・・・

放浪したいなんて書きましたが今は全然行く暇なんてないのであしからずw

せいぜいたまの休みに山入るぐらいですよw

ははははははは!!

 

何やってんだよ自分!!!!

いいのか?

これでいいのか?

俺の青春は山と映画にとられてもいいのか!?!?

高校3年間という人生の中で最も輝く青春時代をブン投げていて良いのか!?!?

友達というのは解っている!

それはたっぷりと満喫しているつもりだ!!!

だが!!!

女っ気がないぞ!!おい!!

 

くそぉぉぉぉおおおおおおおおお!!!

 

何を焦っているんだ俺は・・・・

クールになれ・・・

 

ふぅ・・・

こんな時にはコーヒーでも飲んで一息入れよう・・・・

・・・・・・・・・・・・

 

そんな暇があったら彼女の一人や二人作ってみろやぁああああああ自分ぅぅぅぅぅぅぅんん!!!

 

はぁはぁ

今日は感情的になりすぎたな・・・・・

よし!!

 

自分探しの旅にでも出ようか・・・・

 

・・・・・映画レビュー・・・・・

21b4y2qdcbl 監督:萩生田宏治 

ゲスト:岡あゆみ、武田真治、小野愛、安藤盟、ピエール瀧、岸田今日子 他

マイク宛てにラッピングされた3つの空箱が届いた。

そこにはこんなメモが記されていた。

「中身を探してください 1」
「中身はなんでしょう 11+5」
「大事なモノ 13+」 

マイクは妹・茜の友人・明美(岡あゆみ)の仕業だと見抜く。

11+

13+

A

K

E

M

 I (愛)

彼女は実は運び屋で、ある秘密を知ったせいで命を狙われるようになったと、マイクに助けを求めるが・・・ ハマのサリー役は岸田今日子、妖女ぶりがハマリ役。実在した伝説の娼婦、ハマのメリーがモチーフになっている。映画「濱マイクシリーズ 遙かな時代の階段を」では、坂本スミ子がメリーを演じている。

どんな名探偵にも探せないものがある・・・・

さっきのとリンクしているつもりではないですが、

テーマは「自分探し」

”ほんとうの自分”にこだわる人間の滑稽と悲哀を映し出す作品です。

本当の自分とは?

恋人と居る時の自分、友達と居るときの自分、一人で居るときの自分・・・・・・。

どれが正しい自分かわかるのなんて、

結局は自分しかいないわけで・・・

どうやったって結局は解らない・・・。

二人は永遠に続く宝探し、

マイクはそれに最後まで付き合うことが出来るのでしょうか。

自分探しという答えのないテーマをこの作品は、解りやすく表現しています。

本当にドラマかこれ?w

  にほんブログ村 映画ブログへ

2008年5月 8日 (木)

何処へなりと風に身を任せて

 

珍しく二日連続で書きましょう。

なぜに?

書きたいことがチラホラと・・・・。

なーんか

ほんと・・・

ほんっっっっっっっとしょうもないことなんですが・・・。

 

放浪したいです・・・・・・・。

 

理由なんてない。

ただただ色んなところに行きたい。

海外とは言わない。

だってまだ日本全国を見てないから。

とにかく日本を全部見てから海外見たいなぁ。

まっ・・・・

 

人に夢と書いて儚いって読むんですけどね・・・・。

そんな儚い夢を見ながら黙々と学校だったり、バイトだったり、友人と遊んだり、。

それもいいんですが、

 

誰も自分のことを知らない土地に行きたいですね。

 

どうせなら夏の終わりにでも・・・。

濱マイクでもこんな台詞がありました。

 

「夏と一緒に消えちゃうってのもいいよなぁ・・・・。」

 

夏と一緒に消えたいなぁ・・・。

まっ・・・・当てもなくただただ・・・。

放浪癖がついちゃってるもんでねぇ

まぁ放浪って言っても山入っちゃうぐらいなんですが。

全くしょうもない話なんですがねえ。

ただの笑い話にしかなりませんなぁ!w

 

あっとそれと・・・

「秘密の県民ショウ」という番組に一言

大阪に媚びてんじゃねぇぇ!!!!!!

 

・・・・・映画レビュー・・・・・

昨日に引き続き・・・・ドラマ版「私立探偵濱マイク」第2話

21cjtvjzz0l 監督:前田良輔

ゲスト:UA、木村充揮、財津一郎、伊武雅刀、桑原茂一 他

「あたしが歌えなくなった理由を探して欲しい」

という依頼をした歌姫ナオミ (UA)は、その手掛かりを持つ人物の写真を渡す。白いリムジンに乗った桃内(伊武雅刀)の登場シーンでは、スネークマンショウ「ご機嫌いかが?123」に思わずニンマリ。

失踪した元マネージャーがいる隠れ家は、郵便屋も嫌がる迷路のように入り組んだレトロな住宅街。長い紙テープに道順を書く中村橋のおっちゃん。

右左右右左右斜め左下右・・・・・

おっちゃん役は元憂歌団の木村充揮、大阪弁の味のある演技が印象的でした。
店内で流れていた、だみ声のブルースはロバート・ジョンソンの曲。

なぜ彼女は歌えなくなってしまったのか?

なぜそんな依頼をだしてきたのか?

「もう少しやで・・・濱ちゃん・・・」

「マイクだっつーの!」

そんな台詞を吐きながらも謎を解いていくマイク。

いやぁUAの歌声がいい感じです。

普段のしゃべり方の関西弁がいい感じのギャップを出してくれます。

印象に残った台詞はこれ

「悲しい曲を今幸せな奴が歌える訳がないだろう・・・」

なぜカナリアは歌えなくなったのか・・・。

不思議なフインキを出す作品です。

かっこいいぜマイク!

にほんブログ村 映画ブログへ

2008年5月 7日 (水)

勝手にしやがれ!GW!

 

ちくしょうめ!ゴールデンウィークなんてくそくらえ!

と・・・バイトで潰されたことを悔やんでみる・・・。

忙しいことを理由にかなーりサボってしまったことを心よりお詫び申し上げます。

 

しかしながら!

ただいま私不満だらけ!

理由はバイトではなく・・・・

客に対してです。

ゴールデンウィーク中に一番言われた台詞がこれ

「チャーハン一つ!」

残念ながらうちの店にはチャーハンは置いておりません・・・。

で・・・言いたいのが

メニューみろや!!!!

なんで揃いも揃ってチャーハン頼むんだよ!!

少なくともGW中に10回は言われたぞ!!!

と・・・今日の夕飯がチャーハンだった俺が言うのも何ですがw

それと変な客が多い!

 

から揚げを注文した客

2分後

「から揚げまだ?」

流石に二分でから揚げは出来ません。

5分後

「あのから揚げは?」

お前どんだけから揚げくいたんじゃドアホ!!!!

このから揚げ中毒がぁ!!!!!!

 

さてそんな嘆きは置いといて、ゴールデンウィーク最終日

またあのフーテンのアリと遊びました。

遊んだといってもただアリのマイホームでダラダラしてた訳ですけども・・・。

その日のアリは鼻ズマリに悩まされ、イライラしている様子でした。

口を開けばすぐ言い合いになり

俺「何本読んでんだよ!外行こうぜ!!」

アリ「おめぇ一人で行って来いよ!うっせー!」

俺「んだとコラ!ブス!」

アリ「うっせブース!」

俺「なにをこの!ブスブス!!」

アリ「彼女の一人や二人連れてきてみろよブス!!」

俺「おめぇだっていねぇだろーがブス!コラ!ブス!!」

アリ「うっせブスブスブスブスブス!!!」

俺「ブスブスブスブスブスブス!!!」

この喧嘩買った!!!

と言わんばかりの幼稚な言い合い。

しかしながらこんな喧嘩に乗ってくれるフーテン野郎はやはりファンキーな野郎だぜ☆!

その日はそんなしょうもない喧嘩をして終わりだったなぁw

あとアリさんがラバーソウルの靴をくれました。

思い出の品らしいけど俺が無理言ってもらっちゃいました。

ホントすいません・・・。そしてありがとうございます!

これからは自分がこの靴で思い出作っていくんでヨロシク☆!

 

・・・・・映画レビュー・・・・・

今日紹介するのはドラマ版「私立探偵濱マイク」第一話

218gf62p4yl 監督:緒方明 

ゲスト:菅野美穂、香川照之、富田靖子、泉谷しげる 樋口可南子 他

マイクが飼っていた金魚の金ちゃん(享年0.5)が死に、埋葬場所を探していると、ビルの谷間でミイラ化した死体を見つける。数日後、マイクの元に狭山という男から「僕を探して下さい」という手紙と現金50万円が届く。狭山は1999年の大晦日のことを気にしていた。

伝説となったドラマ濱マイク

「映画じゃないじゃん!」なんて思うあなた。

いえいえこの作品は話ごとに監督が変わり、全編に渡ってフィルム撮影で製作されています。

つまりドラマと言いながらも短編映画と言った感じです。

そして主演は私が敬愛する俳優永瀬正敏。

かっこよすぎます。

いでたちも何から何までかっこいい作品です。

話は説明しにくいんで・・・ちょっと・・。

かっこ悪くて、かっこいい作品とでも言っておきましょう。

そしてこの台詞

あみだくじに向かって、マイクのセリフ

「オレの集積回路 縦の線は人の意志 横の線は天の意志」

しびれるぜマイク!!!

見なきゃ損損な作品です。

にほんブログ村 映画ブログへ

2008年5月 4日 (日)

このブログ始まって以来の一大事やん☆

 

映画を見る暇がない・・・・

ゴールデンウィークなのに・・・・

すべての元凶はそう・・・

バイトのせいだ・・・・

ゴールデンウィーク全部埋められてしまったぜ・・・。

くぅ・・・・・。

 

と・・・言う訳で今日は映画レビューできません。

 

映画見次第書いていきますんであしからず・・・・。

 

 

と言ってもそんなに期待されてないかぁ~(ヘラヘラ)

にほんブログ村 映画ブログへ

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

最近のトラックバック