フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« デンジャラスなスクールライフを夢見て・・・ | トップページ | 魚に睨まれた人間 FISH&HUMAN »

2008年4月19日 (土)

欲しいものは?金?名声?・・・いいえケフィアです。

 

外から聞こえる鳥の声・・・・

サンサンと降り注ぐ太陽の光・・・

暖かい風が春を感じさせる・・・。

 

そんな環境には程遠い環境で育った私。

外から聞こえてくるのは除雪車の轟音

サンサンどころかズンズン降り注ぐ雪という悪魔

ゴウゴウと降り注ぐ冷たい風が極寒を感じさせる

 

そんな環境で育った私。

しかしそんな青森もやっと春が訪れ・・・

暖かい日々が続いております。

 

こんばんは。

さてさてルーキーズとごくせんが立て続けに放送されていますが、

連続で不良ドラマって・・・かぶってますよ。

しかし!!ルーキーズは・・・・

ボールがCGでないことを祈る!

森田まさのり万歳!!!!

 

さてそんな一ろくブル世代は置いといて、

昨日からARIさんと愉快な仲間達と遊び・・・

車で地元の隅々まで走りました。

挙句の果てには

「行くとこねーよ」

さてどうする?、となった所で

ARIさんの鶴の一声

「駐車場で語り合おうではないか。」

そして車内にて真剣10代しゃべり場開催

だが男が集まれば話すことなんての話と相場は決まっているもの

初恋、好みの女性、・・・・色々、

小っ恥ずかしい話にも花を咲かせ、

脱線して、脱線して、

最終的にはミニ四駆の話になっていたのはなぜでしょうか?

まぁ大体語る、なんて言ってもそんなもんでしょう。

 

金もなけりゃ彼女も居ない、行く当てもなけりゃ、やることも無い。

そんなビートジェネレーションに身を委ね・・・。

我らは彷徨う日々ばかり。

 

道路に飛び出すカエルをタイヤで踏み、

「飛び出す奴らが悪い」と

カエルたちにワビも入れず。

車でかかるTHE WHOをよそに

ひたすら「女は転がってねーのか?」

とくたびれた町を彷徨い続ける。

 

さびれた街は今日も雨が降りつづける。

俺らはさながらくたびれたイージーライダー

ゴトひろ17歳。趣味映画、プロレス、山、釣り。

彼女!募集中!!!!!

 

・・・・・映画レビュー・・・・・

今日紹介するのは「ティム・バートンのコープスブライド」

515zy8puq3l 舞台は19世紀のヨーロッパにある小さな村。成金の金持ちだが魚屋で品格のないヴァン・ドート夫妻の息子ヴィクター(声:ジョニー・デップ)は、貧乏だが貴族であるエバーグロット夫妻の娘ヴィクトリア(声:エミリー・ワトソン)との結婚が親同士の政略により勝手に決められていた。お互い、逢ったこともない人と結婚することを不安がってはいたが、結婚式の前日、式のリハーサルのために初めて対面するとまんざらでもない様子の二人。しかしドジなヴィクターは緊張の余り、リハーサルで失敗をしてしまう。怒った牧師に「台詞を覚えるまで結婚は延期」と言われ落ちこんでしまうヴィクターだった。彼は一人、夜の森で結婚式の練習をする。すると、すらすらと結婚の誓いの台詞が言えたではないか。調子に乗ったヴィクターはその辺に突き出ていた枝を花嫁ビクトリアの指に見たて、指輪をそこへはめる。しかしその行動が一大事を引き起こす……枝だと思っていたのは“コープス・ブライド”(死体の花嫁)の指だった。結婚の誓いをされたと勘違いしたコープス・ブライド(声:ヘレナ・ボナム=カーター)はビクターを花婿と信じこみ、彼を地中にある”死者の世界”に連れていってしまう。しかし、死者の世界はヴィクターがいた村とは大違い。にぎやかに歌うガイコツ、24時間営業のパブ。ヴィクターは死者の世界に魅せられてしまう……。

まぁ一目でティム・バートンだな!と解る作品ですね。

最初に見たのは結構前でしたが、最近例のテルミン先生に見させてもらい、再熱しました。

しかしやはりなかなか深い作品・・・。

生きている人々は顔色が悪く、そして地上の色彩はダークです。

逆に地下の死の世界は色彩が鮮やかで。これは逆に出てくる人物(ガイコツ)達がイキイキとしています。

これは今の現実を痛烈に風刺していますね。

今の人々は厳しい社会に死んだような顔をして生きつづけている。

そんな中死後の世界まで辛く見せてどうするんだ、というティム・バートンなりの考えなのでしょう。

バートンとデップのコンビはやっぱり黄金ですね。

自分ももし死んでしまったらこんな世界に行きたいですね。

バートンらしいブラックユーモア溢れるダークで楽しい作品です。

にほんブログ村 映画ブログへ

« デンジャラスなスクールライフを夢見て・・・ | トップページ | 魚に睨まれた人間 FISH&HUMAN »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

いいね~、楽しそうで・・・
私もそれなりに楽しいですが(笑)

ティム・バートンはきっと、こういうのがやりたくてディズニーを飛び出したんでしょう。出てよかったと思います。今でもつながりはあるんでしょうけど
実写もアニメもバートンはバートン、はっきりしてますね。

Whitedogさんこんばんは!
やることないのは別にして、楽しいことは楽しい・・・・のかな?w

ディズニーを抜け出してからダークさが増しましたね。
自分はいまの作風の方がより好きです。
ですが最近、ジョニデ人気で少々劇場で見る機会減ってしまいました・・・

 ちょっとしたロードムービーのような
青春物語ですね。

ゆじえむさんこんにちは!!
そんな綺麗なもんじゃないですw
しいて言うならケフィアです。
また言うならくたびれたイージーライダーですw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/504958/20392950

この記事へのトラックバック一覧です: 欲しいものは?金?名声?・・・いいえケフィアです。:

« デンジャラスなスクールライフを夢見て・・・ | トップページ | 魚に睨まれた人間 FISH&HUMAN »

最近のトラックバック