フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月29日 (火)

爆裂フーテン放浪記! そしてダ・ヴィンチにあやまれ!

 

先ほどテレビでやっていたレオナルド・ダ・ヴィンチの隠された壁画

壁画の裏に隠されていたダ・ヴィンチの壁画が遂に発見!

ワクワクしながら見てたら

そして全体像がわかり自分も「おぉーすごいやないの!」とみてたら

「ダ・ヴィンチは初めて絵に動きを取り入れた人物なんですよね。この壁画も躍動感を感じる素晴らしい絵ですね。ということでこの壁画にアニメーションを取り入れ動かしてみました!

うわぁー・・・・・・・

全く頭が悪いのかテレビ人は・・・・・・

素晴らしく躍動感のある壁画が・・・アニメで動かした途端安っすい教育テレビのアニメみたいになってしまった・・・。

もう絵として完成されているものをどうしてこうもろくでもないモノに・・・・

馬鹿丸出し、視聴者をなめてるとしか思えない。

 

さてそんなこんなで休日ですが、

昨日からまたフーテンのアリヘル無し娘のクルミ嬢、と共に遊んでいたわけですけども。(名前の前のは通り名です)

昨日は最初登山家B-BOYこと刈もいました。

軍服姿で。

自衛隊に入隊した彼が昨日帰郷してきやがりました。

ろくでもない軍服に身を包んだ彼は悪徳軍人しか見えず。

刈三等兵というあだ名をつけてやりました。

そんな中やることも無いので野球をすることに。

ノックや投球練習などし、いつドラフト指名されても良いように練習には念を入れる。

そして人数はヘル無し娘のクルミ嬢の弟も加わり5人。

2対3で試合開始。

1回裏で試合終了

そんな持続力のないファンキーボーイズ&ガールは夕方で解散。

 

そして行く当てがなくなった自分とフーテンのアリは「今日はアリさん家に泊まりで!」

ということでアリの自宅のある市内へ車をぶっ飛ばす。

途中自分の知り合いの喫茶店に入りコーヒーをたしなみながらガソリンの暫定税率の話題で話し込む。

とても10代とは思えない会話をよそに隣の席のおっさんは麻雀ゲームにいそしんでいた。

そしてねじれ国会の話題を残し、喫茶店をでるとある事件が起こる。

駐車場から車を出そうとすると横からおばあさんが来る。

道を塞いでしまっていたのでアリが一礼すると、おばあちゃんは礼を返さず汚い物を見るような目でこっちを睨みつけて去って行った。

市内と田舎町の空気の違いを感じたゴトひろ17歳。アリさんも軽くショックを受けていた。

そんな社会からの疎外感を駐車場に置いて、アリさんの自宅へ。

色々と話をしたが、野球の疲れでアリさん爆睡。自分も早々に就寝。

 

-- 二日目

朝。

アメリカナイズドされたフーテンのアリの部屋で目が覚める。

朝食はアリ家に40年伝わる秘伝のカレーライス

流石は40年の歴史の味だけあって美味いとしかいいようのない。

「今日はアメリカンで行こう!」

そんな台詞でアメリカではポピュラーなメニュー、ドーナッツを買いにミスドへ。

そこの画面の前のあなた。

青森だってミスドくらいあります

そしてドーナツを購入し、「このままあの田舎に戻ってコーヒーでも飲みながらアメリカンに決めようぜ」

ということになり、車でそのままあのろくでもない町へぶっ飛ばす。

車でかかる曲はアメリカンな曲、そして古き良き時代のロック、ルースターズ。

そしてこのどうしようもない田舎町に到着し、ヘル無し娘クルミ嬢も合流。

海岸でドーナッツとコーヒーをたしなむ。

アリさんは抹茶オールドファッションを食いながら、和とアメリカンの融合を肌で感じていた。

しかし津軽海峡を見ながらのアメリカンというのも中々おつである。

そして海岸から場所を変え海の見える丘の上の駐車場で語り合う。

そんな中アリさんが落し物をしたらしく「ちょっくら海岸いってくらぁ」と

自分とヘル無し娘のクルミ嬢を置いて海岸へ車をぶっ飛ばして行った。

そして残された田舎もの二人でまたしてもガソリンの暫定税率について語る。

そして現在の仕事、低収入者の風当たり、そんな馬鹿のくせに難しい話を二人でしつつ、

語り合いの結果「国が悪い。国は我々国民を殺したいらしい。」

というさんざん話し合ったのに頭の悪さ全開の回答に決着が着いた。

そうこうしているうちにフーテンのアリが戻ってくる。

その頃には自分ら二人は話し合いのせいで多少ブルーになっていた。

落し物は見つからなかったらしいのでアリも多少ブルーに。

そしてヘル無しクルミ嬢を家に送りとどけ、クルミ嬢の愛犬(6匹)に赤ちゃん言葉を使いつつ、いっぱいいっぱいかわいがって逆に我々が癒される。

そして自分もアリに家に送って貰い、こうしてフーテン放浪記は幕を閉じた。

さて次は何処に放浪しようか・・・・・

次はあなたの町に放浪に出るかもしれないぜ・・・・

 

・・・・・映画レビュー・・・・・

今日紹介するのは「マルコムX」

21mgp2bzg1hl この映画は攻撃的かつ活発な黒人解放運動家のマルコムXの一生を3つに区切って構成されている。第一のセクションは、トラブルまみれであったマルコム・アール・リトル(後のマルコムX)の幼少期であり、映画の中でマルコムXの牧師であった父が攻撃的な黒人差別主義者によって暴行・殺害に至る過程が事細かに描かれる。

その後マルコムXがニューヨークのハーレムで白人のように縮れ毛を薬品でまっすぐに伸ばし、白人のような服装に身を包んでハーレムの黒人ギャングのボス的な存在であったウェスト・インディアン・アーチの下で悪事を覚え、その後ボストンに戻り泥棒家業に精を出すようになるまでを描いている。ボストンでマルコムXは親友ショーティ(演じるのは監督スパイク・リー)を作り、二人で若い白人女を抱き、空き巣稼業に精を出したが、逮捕され獄中での姿を描いている。マルコムXは裁判で空き巣と強盗の罪より懲役10年の実刑を宣告されたが、映画では原作通り空き巣と強盗ではなく白人女性と性的関係を持った事で裁かれた、と描かれている。

第二のセクションは、獄中で相も変わらず薬品を使って縮れ毛をまっすぐにしてるマルコムXが同じ受刑者のベインズからネーション・オブ・イスラムの存在を知らされ、そして黒人解放運動家として目覚めるまでが描かれている。第三のセクションでは刑期を勤め上げ、出獄してネーション・オブ・イスラムのリーダーであるイライジャ・ムハンマドに出会い黒人解放運動家として頭角を現す様子を描く。

ご存知スパイク・リー珠玉の作品。

黒人解放運動家のマルコムXの一生

彼の抱いてる意志は共感できること、出来ないことが多々ありました。

それは自分が、黒人ではないからだと思いますが。

自分は無心論者なので正直、イライジャ・ムハマンドも、イエス・キリストもどうでも良いんですが、

マルコムの獄中での叫びが印象に残ります。

「なにがイエス・キリストだ!奴がいつ救ってくれた!?奴が自分が辛いとき現れて救ってくれたか!?」

そう結局神は人間が作った、発明にすぎない。

しかし彼の今までの黒人の扱われ方に対しての不満、それを彼は代弁してくれました。

キリストが白人であるという証拠はない!

それなのに神気取りの白人達、KKK。

そして数々の台詞

「なぜ白人の真似をするのか。初めて現れた人類は黒人だ。なのになぜ白人の好き勝手なんだ。我々黒人こそが時代の先駆者でなければならないのだ。」

「我々は許さない。白人の言いなりになってきた。400年。400年だぞ!?。400年だ!!。白人こそ悪だ!」

そしてメッカ巡礼で感銘をうけ変わっていくマルコム。崩れて行くイライジャ・ムハマンドへの忠誠。

見所が多い作品です。

辞書のシーンや演説のシーン

圧巻です。

当のスパイク・リーは「25時」でこの数々の台詞を全否定するような台詞を叩きだしてますが・・・。

でもそれも彼の特異性ですかね。

この作品を見た後に、「25時」を見ることをお勧めします。

キリストもイスラムも・・・・

宗教がらみもそうですが、もっと人間の核心を突いてくるような作品です。

私たち日本人も、知らずのうちに重い罪を犯しているのかもしれない・・・・。

にほんブログ村 映画ブログへ

2008年4月27日 (日)

不っ思議ー!!★☆

 

さて何から書けばいいだろうか・・・

今週はいろいろあったなぁ・・・・

学校でTと色々と話をしていると話題がロボットの話へ。

自分は根っからのファーストガンダム狂なんですが、

Tはスパロボ狂。

俺が

「スパロボって根っからのガンダムファンにはちょっときついゲームじゃね?」

と話すと

「バカヤロー!スパロボはなぁ!人生において大事なことが全部入ってんだよ!スパロボは人生なんだ!

 

まったくついてけねーぜファンキーボーイw。

そういえば最近ゲームというゲームをやっていない。

やるといえば友達の家でくらいか・・・

すでに置物と化しているプレステ2が不憫だ・・・・・

 

さてそんな話は置いといて

特に書くことも無く・・・・。

色々あったんですが別になんかドンッとくるような出来事があった訳でもないので。

こんなに書くネタに困ったのも初めてだなぁ・・・・・

では書くことも無いので山の怖い話を一つ。

山奥で木こりをしている老人と若者がいた。
夜になると山小屋で老人はノコギリの手入れ
若者は酒をたしなんでいた。
すると入り口(スダレ)から中を覗く気配がする。
漆黒の闇の中からスダレを少し上げて中を伺う人物がいた。
「なにしとるんじゃ?」
焚き木の明りの中、かすかに不気味な目と三日月のような口が見える。

緊張した雰囲気の中、老人が「ノコをといどるんじゃ!」と
答えると「ノコをといどるのか…」とナゾの人物は
さらにスダレを上げて小屋の中へ入ろうとする。
何かを感じた老人がノコギリの一番下にある大きな刃を見せつつ
「特にこの8本目の刃は鬼刃ちゅうて鬼が出たらひき殺すんじゃ!」
そう言い放つとナゾの人物は
「そうか・・」と言葉を残し夜の闇に消えて行った。

次の日の晩もそいつは現れ、老人と同じ問答をしつつ
小屋には一歩も入らず帰っていった。

そしてそんなある日、木を切ってる最中に老人のノコギリの刃―

オニバが折れてしまう。
老人は鬼刃を直しに行くから若者にも山を降りろというが
忠告を無視し、山に残ってしまう。
そして夜―
独りで酒を飲んでる若者の山小屋に例の人物が現れ中をうかがう。
…「なにしとるんじゃ?」
酔っ払った若者が老人は鬼刃が折れたので居ない事を
喋るとといつもは帰るソイツはガサッとスダレを上げ、
「鬼刃はないんじゃな!?」
と嬉々とした声でズンズン小屋の中へ入ってくる!

老人が小屋に戻った時、若者の姿はどこにもなかった…

おわり

山って不思議ー☆

って思えるような陽気な話ではないですがw

要するに山には良いものばかり居るって訳ではないということですね。

でもやっぱり山って不思議ー☆(アホ)

 

・・・・・映画レビュー・・・・・

今日紹介するのは言わずと知れた名作「天使にラブソングを」

513h7nddanl ネバダ州リノのカジノで働いていたクラブ歌手のデロリスは、愛人のヴィンスが部下を殺している現場を目撃し、そのために命をねらわれてしまう。

警察に駆け込んだ彼女は、ヴィンスの裁判の日まで「修道院」に匿われることになった。そこで聖歌隊を任された彼女は、つまらない「賛美歌」をロック風にアレンジし…

 

音楽って素晴らしい!!

見た後に残るのは楽しい気持ち。

いやぁ説明なんて今更いらないですよねw

神を歌った歌をあんなに爽快に楽しく歌えるなんて本当に音楽は素晴らしい。

「神様ほどいい男なんていない♪」

なんて軽く歌えちゃうとこが良いですw

そこが音楽の魅力なんでしょうか。

見てて楽しくなる作品。

小さい頃意味もわからず見てても楽しくなってたものです。

それが今になって見返してもやはり楽しくなれる!

何より演じている側もみんな楽しそうだ!

この作品はそんなハイテンションなパワーに溢れています。

しつこいようですが音楽って素晴らしい!

素直にそう思える作品です。

何かに落ちこんだとき、悲しいとき、そんな時にこれを見ると元気が貰えたような気がします。

にほんブログ村 映画ブログへ

2008年4月22日 (火)

魚に睨まれた人間 FISH&HUMAN

 

皆さん天気の良い日が続いておりますね。

ついこの間素晴らしい月が出ていましたね。

大きく怪しく光り、

まどからその美しい月が顔をだし、部屋を美しく月明かりで照らしてくれました・・・。

眩しくて寝れないのでカーテンを閉めましたが・・・・

こんばんは

違いのわかる17歳、ゴトひろです。

 

学校が終わるとクルミ嬢からメール

「釣り行かない!?」

何とも田舎者丸出しで暇人丸出しの誘いであろうか。

しかし魚を釣るために産まれ、港の磯の香りと口に入ってくるハエ達を愛してやまないこの俺が断るはずも無く。

歯医者の予約を取り消してまでフィッシングにいそしんで来ました。

船に乗って上着がビチョ濡れになったり、クルミの弟の竜太郎君に乗っかられ足をつったり・・・・

色んなことがありましたがやはり釣りは楽しい。

魚と人間の駆け引き・・・

魚は思う

「この餌は安全か?・・・・」

人間は思う

「安全さ・・・貴様の喉を通るまではな・・・

魚は疑う

「しかし・・この餌は怪しい・・・。赤い針のようなものが見えるぜ・・・」

人間は言う

「ふっ・・・それはイソメのはらわたさ・・・安心して食えばいい。」

魚「ではあのはなんだ?」

人間「それは君と僕のと言う糸さ・・・」

昔から人間と魚は離れがたい絆がある。

食うか食われるか・・・・それは時に優しく、時に寂しく、時に切なく・・・・。

食物連鎖という忌まわしき螺旋・・・。

その結果を出すのは魚と人間を繋げる一本の糸。

果たして釣られた魚は何を思うだろう。

「ふっ・・・釣られちまったか・・・俺の負けさ・・・俺を煮るなり焼くなり好きにしろ・・・。そうして俺は貴様ら人間達の栄養になってやろうってんだからなぁ・・・」

そうやって潔く覚悟を決め釣られて行くのか、それとも

「騙された!!!なんてろくでもねぇ奴等だ!!餌の中に針を入れるなんて卑怯な真似!血の通った生き物がすることじゃねぇ!!てめぇのことは一生忘れねぇ!!例えこの命が尽きようとも!てめぇら一族を一人残らず末代まで呪ってやるからなああぁあぁぁぁぁ!!!!」

恨み辛みをボリュームたっぷりでつめこんで釣られて行くのか・・・・

なんにしても釣った魚には敬意を払い、感謝を込めて食さねばならないことには間違いない。

釣りとは魚と人間の絆が試される行いなのだから・・・・

まぁ今日は

俺だけボウズだったんだけどね。

 

・・・・・映画レビュー・・・・・

今日紹介するのは「クレヨンしんちゃん モーレツオトナ帝国の逆襲」

51py2mc0ghl 昔懐かしいテレビ番組映画、暮らし等が再現された「20世紀博」というテーマパークが日本各地で開催されていた。毎日つき合わされ、いい加減に飽きて辟易しているしんのすけら子供達を尻目に、ひろしやみさえら大人達は、懐かしさに触れて20世紀博を満喫する。街中でも昔の車やレコード、白黒テレビといった古いものが売れるようになり、帰宅しても大人達はビデオの懐かしい特撮番組やアニメ番組に、取り付かれたかのように夢中になる。ある晩、テレビで『20世紀博』(モデルは大阪万博)から「明日、お迎えにあがります」という放送があり、これを見た大人達は突然人が変わったようになり、すぐさま眠りについてしまった。翌朝、大人達は家事や仕事も忘れ遊びほうけ、子供達を無視していた。しんのすけは困惑しながらも幼稚園に行くが、幼稚園の教師たちにまでも無視されてしまう。すると、街中に沢山のオート三輪が「証城寺の狸囃子」の曲を流しながら現れた。それを見聞きした大人達(紅さそり隊ら高校生含む)は皆それに乗り込み、子供達を置き去りにしてどこかへ走り去ってしまう。これは“ケンちゃんチャコちゃん”をリーダーとする秘密結社「イエスタデイ・ワンスモア」(「昨日よもう一度」の意味で、昨日とはつまり20世紀を示している。また、カーペンターズのヒット曲のタイトルでもある)の、大人を子供に戻し、「古き良き昭和」を再現し、未来を放棄するという、恐るべき“オトナ帝国”化計画だった。

しんちゃんってお前wバーローwwって笑ったそこのあなた。

愚か者ですよ?

ここまで見てる者に感動を与える作品はそうそうないですよ?

なにせ某映画雑誌にて「一人の監督が一生のうちに一本作れるか作れないかの秀逸作」と評されたほどです。

子供は笑えて、大人は泣ける。まさに映画の理想体。

「昨日よもう一度」

あの生きることに希望をもっていた昭和の時代

あの頃に戻りたい。そう思わせてくれると同時に、このすさんだ平成を希望をもって生きてみよう。そう思わせてくれる作品です。

まぁ平成生まれの私に言われても説得力はないと思いますが・・・。

とにかく見てくれとしか言えませんこればっかりは!

あんな下品アニメなんて・・・そんな先入観を捨ててぜひ見てください!!

とくに父ヒロシの回想は圧巻です。

どうしてこんな時代をせっせと働き、辛い思いをしなければならないのか。

なぜ?

その理由をこの作品は優しく教えてくれます。

この作品は自分を泣かせてくれた二つ目の作品ですから・・・・・。

一見の価値ありです。

ではこの辺で!

にほんブログ村 映画ブログへ

2008年4月19日 (土)

欲しいものは?金?名声?・・・いいえケフィアです。

 

外から聞こえる鳥の声・・・・

サンサンと降り注ぐ太陽の光・・・

暖かい風が春を感じさせる・・・。

 

そんな環境には程遠い環境で育った私。

外から聞こえてくるのは除雪車の轟音

サンサンどころかズンズン降り注ぐ雪という悪魔

ゴウゴウと降り注ぐ冷たい風が極寒を感じさせる

 

そんな環境で育った私。

しかしそんな青森もやっと春が訪れ・・・

暖かい日々が続いております。

 

こんばんは。

さてさてルーキーズとごくせんが立て続けに放送されていますが、

連続で不良ドラマって・・・かぶってますよ。

しかし!!ルーキーズは・・・・

ボールがCGでないことを祈る!

森田まさのり万歳!!!!

 

さてそんな一ろくブル世代は置いといて、

昨日からARIさんと愉快な仲間達と遊び・・・

車で地元の隅々まで走りました。

挙句の果てには

「行くとこねーよ」

さてどうする?、となった所で

ARIさんの鶴の一声

「駐車場で語り合おうではないか。」

そして車内にて真剣10代しゃべり場開催

だが男が集まれば話すことなんての話と相場は決まっているもの

初恋、好みの女性、・・・・色々、

小っ恥ずかしい話にも花を咲かせ、

脱線して、脱線して、

最終的にはミニ四駆の話になっていたのはなぜでしょうか?

まぁ大体語る、なんて言ってもそんなもんでしょう。

 

金もなけりゃ彼女も居ない、行く当てもなけりゃ、やることも無い。

そんなビートジェネレーションに身を委ね・・・。

我らは彷徨う日々ばかり。

 

道路に飛び出すカエルをタイヤで踏み、

「飛び出す奴らが悪い」と

カエルたちにワビも入れず。

車でかかるTHE WHOをよそに

ひたすら「女は転がってねーのか?」

とくたびれた町を彷徨い続ける。

 

さびれた街は今日も雨が降りつづける。

俺らはさながらくたびれたイージーライダー

ゴトひろ17歳。趣味映画、プロレス、山、釣り。

彼女!募集中!!!!!

 

・・・・・映画レビュー・・・・・

今日紹介するのは「ティム・バートンのコープスブライド」

515zy8puq3l 舞台は19世紀のヨーロッパにある小さな村。成金の金持ちだが魚屋で品格のないヴァン・ドート夫妻の息子ヴィクター(声:ジョニー・デップ)は、貧乏だが貴族であるエバーグロット夫妻の娘ヴィクトリア(声:エミリー・ワトソン)との結婚が親同士の政略により勝手に決められていた。お互い、逢ったこともない人と結婚することを不安がってはいたが、結婚式の前日、式のリハーサルのために初めて対面するとまんざらでもない様子の二人。しかしドジなヴィクターは緊張の余り、リハーサルで失敗をしてしまう。怒った牧師に「台詞を覚えるまで結婚は延期」と言われ落ちこんでしまうヴィクターだった。彼は一人、夜の森で結婚式の練習をする。すると、すらすらと結婚の誓いの台詞が言えたではないか。調子に乗ったヴィクターはその辺に突き出ていた枝を花嫁ビクトリアの指に見たて、指輪をそこへはめる。しかしその行動が一大事を引き起こす……枝だと思っていたのは“コープス・ブライド”(死体の花嫁)の指だった。結婚の誓いをされたと勘違いしたコープス・ブライド(声:ヘレナ・ボナム=カーター)はビクターを花婿と信じこみ、彼を地中にある”死者の世界”に連れていってしまう。しかし、死者の世界はヴィクターがいた村とは大違い。にぎやかに歌うガイコツ、24時間営業のパブ。ヴィクターは死者の世界に魅せられてしまう……。

まぁ一目でティム・バートンだな!と解る作品ですね。

最初に見たのは結構前でしたが、最近例のテルミン先生に見させてもらい、再熱しました。

しかしやはりなかなか深い作品・・・。

生きている人々は顔色が悪く、そして地上の色彩はダークです。

逆に地下の死の世界は色彩が鮮やかで。これは逆に出てくる人物(ガイコツ)達がイキイキとしています。

これは今の現実を痛烈に風刺していますね。

今の人々は厳しい社会に死んだような顔をして生きつづけている。

そんな中死後の世界まで辛く見せてどうするんだ、というティム・バートンなりの考えなのでしょう。

バートンとデップのコンビはやっぱり黄金ですね。

自分ももし死んでしまったらこんな世界に行きたいですね。

バートンらしいブラックユーモア溢れるダークで楽しい作品です。

にほんブログ村 映画ブログへ

2008年4月16日 (水)

デンジャラスなスクールライフを夢見て・・・

 

春休みが明け一週間と3日

特に変わった事も無く、

ダラダラと時間が過ぎてゆく・・・

いや・・・変わったことがそういえばあったな

美術の先生が変わってしまったこと

我が人生の恩師、三浦先生も異動してしまい、新任の教師が入って来ました。

今回はなんと女性です。

まだ授業も二回しかやっていませんので、まだ何ともいえませんが・・・

ちょっと会話をしてみた所・・・・

「先生は映画とか見るんですか?」

「んんー・・・あんまり見ないけど・・・見るとしたら・・宇宙系?

宇宙系ってあんた・・・・・

SFと言わない所がまた限定されますが・・・・・

「じゃあ・・・スターウォーズとか?」

「うん!そうそう!」

スターウォーズ好きに悪い奴は居ない

と言うのは経験上ですが・・・・確かに悪い人ではない。

でも映画の話は無理そうだなぁ・・・・・・

趣味は読書、そしてテルミン(何か手を近づけるとキィーーンって鳴る楽器?)

そして授業でとにかくマスクを作らせたがる結構な変人変わり者。

三浦先生と映画の話に花を咲かせていたあの頃が懐かしい・・・・・

で!音楽の先生が可愛い人なんだなこれが!!

三浦先生の居ない美術では無く、可愛い先生の音楽を選択すれば良かったなぁと今更後悔後先たたず。

そうすれば今ごろ手取り、足取り、ナニ取り・・・・・・フフフフ・・・おっと!

 

そういえばかなり脱線しますが、先生の記事を書いていてフト思い出したことが・・・・

それは以前所ジョージ1億人の笑ってこらえてを見ていたときのこと、

それはどこかの高校の体操部?のドキュメンタリーだったか・・・

体育館で生徒達が練習していると監督の先生が入ってきて

「ちょっと練習を止めろ!」

と言って練習を止めた。

「一階の廊下で弁当を食った奴!ちょっと来い!!」

そう言って弁当を食った連中を引き連れて一階の廊下へ。すると

「ここにこんな物が落ちてた!!」

手には一本のつまよう枝。

生徒達はポカーンとした表情

「お前らこれがどういうことか解っているのか!?!?」

俺もTVの前でポカーン

「自分の出したゴミくらい片付けろ!!

つまよう枝一本で学校が崩れるんだよ!!!!!」

 

なんという極論

この先生にとっては大会前の練習より、つまよう枝で崩れて行く学校の方が心配だったのだ。

素晴らしい・・・・

たかがつまよう枝・・・されどつまよう枝。

一杯の掛蕎麦ならぬ、一本のつまよう枝。

明日あなたの学校、職場、家庭、が、一本のつまよう枝で崩壊しているかもしれない。

 

・・・・・映画レビュー・・・・・

今日紹介する作品は「硫黄島からの手紙」

51nb52plpdl_2 1944年6月、戦局が悪化の一途を辿っていた太平洋戦争下の硫黄島に一人の将官が降り立つ。新たに硫黄島守備隊指揮官に任命された陸軍中将、栗林忠道(渡辺謙)には駐屯武官としてアメリカに滞在した経験があり、それ故に誰よりも米軍の強大な実力を知り尽くしていた。

勝ち目の無い戦いと知りつつ、日本本土防衛の為一日でも長く硫黄島を守る事に意味があると考えた彼は、反発する陸海軍の古参の側近や将校士官達を押し切り、防衛計画を練り直す。今までの上官とは違い、合理的な思想を持つ栗林の存在は、日々の生活に絶望していた西郷(二宮和也)らに新たな希望を抱かせる。栗林は隷下の将兵に無意味な万歳突撃や自決を禁じ、硫黄島地下に坑道をめぐらせ要塞化し、死よりも苛酷な持久戦に持ち込むが…

監督は言わずと知れたクリントン・イーストウッド

まず思うのは、これが海外の監督に作られたと言うのが何とも悔しい。

日本の戦争映画といえば、男同士の友情、特攻精神、戦争反対、ここで泣け!、の雨嵐。

だが、やはりイーストはそんな安易な邦画監督達とは違いましたね。

まず敵国だった彼が、両方の視点から作ったと言うのが素晴らしい。

そこは言うまでも無く。

だがすごいのは、個人一人一人の表現ですね。

某戦艦映画では、誰一人としてゆるぎない精神を持ち、美しく散っていきましたね。

正直辛口に言わせて貰うとくだらないです。表では戦争反対を位置付けながら、それは戦争美化でしかない。

そんなことはありえない。

死ぬのが怖くて敵前逃亡するもの、敵に投降するもの、自殺するもの、それぞれたくさん居たはずです。

それをこの作品では正直に描いています。

思いどうりに美しく散って逝けない者だってそりゃあいます。

人はみんなそれぞれ死に急ぐ者が居れば、絶対死にたくない者も居る。

祖国のために!なんて潔い人間なんてそうは多くないはず。

多くは強制か・・・・。

人間と戦争の、そういった部分を正直に描いたからこそ、この作品は他の戦争映画に比べ群を抜いているんだと思います。

最近の邦画界でこういった作品を撮れる監督はどれだけ居るだろうか・・・・。

にほんブログ村 映画ブログへ

2008年4月13日 (日)

青森人ファンタスティック

 

隠してたつもりはないんだけど

自分青森県民です

THE 田舎もんです

山と海に囲まれて、田舎ものに囲まれて・・・

育ってしまったのがこんな私です。

 

よろしゅう。

なぜいきなりこんな事を言い出すのかというと、

先日友人に「なんで津軽弁でブログ書かないの?」

と言われたからです。

津軽弁で書いたら他の人が何て書いてあるか解らんだろうが!

と・・・言ってやったのは言うまでもなく。

てことで今日は英語の教科書風に標準語訳をつけて色んな名台詞や、日常の会話で

津軽弁講座をやってみましょう。

 

例1

「どさ?」

(どこに行くんですか?)

「ゆさ!」

(温泉です!)

温泉に行く途中行き先を聞かれたら使いましょう。

例2「フランダースの犬」より

「パトラッシュ・・・わぁもうこいじゃ・・・」

(パトラッシュ・・・僕はもう疲れたよ) 

パトラッシュという愛犬と教会で最後を遂げる時に使いましょう。

例3「ガンダム」より

「ララァ・スゥンはわぁのかがさなってくれるかもさねがった女ごでぇ!」

(ララァ・スゥンは私の母になってくれるかもしれなかった女性だ!)

アムロ・レイと死んだ女のことで口喧嘩したとき使いましょう。

例4「ガンダム」より

「ぷったらいだなぁ・・・おどさもぷったがいだことねぇものさぁ!」

(殴ったね・・・親父にもぶたれたことないのに!)

19歳の艦長にぶたれた時に使いましょう。

例5

「なぁわんつか黙ってねが!」

(あなたは少し黙っていてください)

うるさい人に言ってやりましょう。

例6「ドラゴンボール」より

「クリリンのことなぁーーーーー!!」

(クリリンのことかぁーーーーー!!)

クリリンを殺した奴に叫んでやりましょう。

例7

「わやかちゃくちゃねぇ!」

(とてもイライラします)

イラついた時に独り言でつぶやきましょう。

例8

「なぁははぁもう死んじゅう」

(お前はもう死んでいる)

相手に北斗百烈拳を使用した時のみ使用してください。

例9

「なぁツラうだでみったぐねぇやぁ」

(あなたの顔はとても不細工ですね)

森山中に会ったら言ってやりましょう。

例10

「なぁの鼻っぱしぷったらぐどたな!」

(あなたの鼻先をぶん殴ってさしあげますよ)

相手の鼻先を殴りたくなったら言いましょう。

例11

「波動拳!」

(ジョンは家が隣です)

ジョンが隣に越してきたら紹介しましょう。

 

・・・・・映画レビュー・・・・・

今日紹介するのは「陽だまりのグラウンド」

21g7pmz6qdl スポーツ賭博をきっかけに莫大な借金を抱えることになってしまったオニールは、証券会社に勤務する友人ジミーを頼りに借金返済の計画を進める。 オニールは、金を貰う見返りとしてジミーがオーナーを務める少年野球チームの代理コーチの仕事を引き受けることになったが、そこでは様々な問題が待っているのであった・・・

主演キアヌ・リーブス

元気になりたいときに見る映画。

先日アリさんにビデオを貸しました。(見て元気になってくれい)

キカンバスというスラムの黒人の子供達のチームの野球ドラマ作品です。

ストーリーというのはまぁ別に何処にでもあるようなもんなんですが、

いやぁ・・キアヌ、そして子供達の演技が本当に素晴らしいです。

本当に野球が好きで、言い方が古いですけどとても目が輝いています。

なんといえば言いか・・・

ギャングになってしまったけど野球はしたい、貧乏だけどやりたい!

とにかく見てくれれば解ります!

野球一つあればなんだって・・・・・

にほんブログ村 映画ブログへ

2008年4月 9日 (水)

ファンキーさをもっと前に!!!

「生きの良い一年が入ってきたなぁ・・・へへっ」

なーんて台詞を言ってみたい、ろくブル、クローズ世代の自分です。

月曜から学校が始まり、

留年の心配も無く無事進級し、3年生として学校に通っている訳ですけども。

春休みに車でドライブしまくっていたせいか朝学校にチャリで通うだけで息が切れているのは老化のせいでしょうか?

クルミに修学旅行の写真を見せたところ、

俺だけ妙に老けていて一人だけダブってる奴に見えると言われ、笑われたのは老化のせいでしょうか?

余計なお世話である。

あえて言うならまだ17だっつの。

一個上に言われ余計傷ついたのは言うまでもなく。

 

さてさっきの台詞とまでは言いませんが、

去って行く奴らも居れば、入ってくる連中も居る。

新一年生達よ・・・ふふふ

男達はまだホックをし、女の子はまだスカートが長いですぜ・・・。

あと一ヶ月もすればどうせ服装なんざ乱れに乱れまくるだろうがね。

でもそんなスカートが長くちゃ階段を上がる時に上を見る楽しみがないじゃないか。

この老けてダブって見える先輩の楽しみも考えておくれよ・・・。

おっと!

こんなことを書いては、俺がドスケベだと言うことがバレてしまうな。((バレバレ

そんなこんなで入ってきた新入生達。

去年とは違い、男性陣、女性陣共になんか真面目そうな子ばっかりだったなぁ。

去年は一目で

「あっ!こいつは一味違うファンキーな野郎だな」

と解ったもんで、すぐ打ち解けたもんで。

ドラゴンアッシュの「悪そうな奴は大体友達♪」までいかない

「頭の悪そうな奴は大体友達♪」なノリで類は友を呼ぶな感じだったんですけど。

今年は何でしょうねぇ

何と言うかファンキーさやユニークさなどの個性は見当たらず。

無個性と言いますか・・・・

これも時代の流れか・・・

若い世代よ・・・

個性は大事だぞ?

ゲームばっかやってないで周りと遊ぼうぜ!?

未来を担う若い世代よ・・・

通学で息を切らし、写真で一人老けて見え、老化の進むこんな先輩なんかに負けていてどうする?

もっと自分というものをさらけだしていこうぜ!!!

だからな・・・・

こんな先輩からのアドバイスだがな・・・

 

スカートはもっと短くしていこうぜ?

 

・・・・・映画レビュー・・・・・

今日紹介するのは「AKIRA」

D0022693 198X年東京は新型爆弾により崩壊、第3次世界大戦に発展し、世界は荒廃していった。

2019年。東京湾に浮かぶ、東京23区を模した人工都市ネオ東京の暗く遺棄されたハイウェイ。暴走族の少年らが入り込んで疾走している。メンバーの鉄雄は白髪の少年と接触事故を起こし重傷を負ってしまう。白髪の少年は、政府の超能力研究機関から、反政府ゲリラ(テロリスト)らによって連れ出された超能力者タカシであった。

鉄雄はタカシと共に研究機関に連れ去られ、そこで超能力が目覚め始める。

以前から実写反対!と言い続けていてお馴染みの作品。

ジャパニーメーションの金字塔、サイバーパンクの最高峰「AKIRA」です

監督は言わずと知れた原作者、大友克洋。「スチームボーイ」「メモリーズ」現在では「FREEDAM」話題になってますね。

自分は先日原作の漫画を揃えたんですが、漫画はもっと宗教やドラッグ、人類にまつわる壮大なテーマが織り成されており正直かなり面白いです。

連載8年という大作を120分ほどに凝縮されたので、この多くのテーマが希薄になってしまいますが、その代わりにテーマが絞られ極太な内容になっております。

主人公の金田と、彼の弟分な存在であり、超能力に覚醒した鉄雄の確執というテーマが原作よりも単純?であり、より共感しやすい内容です。

公開から丁度20年ですが、全く古さを感じさせないクオリティ・・・

そしてその斬新な内容。

これは本当に80年代の作品なんか?と思ってしまいます。

いや、あの時代だからこそこんな斬新なストーリーが出来たのだろう・・。

鉄雄の

「悔しいか金田? 悔しいってのがどんな気持ちか解ったかよ?」

という腹の立つ憎い言葉が、劇場版のテーマを象徴していますね。

にほんブログ村 映画ブログへ

2008年4月 6日 (日)

フーテンのARI

 

ここ二日三日ほど、アリさんがうちの地元に居座りました。

一緒に海で釣りしたり、地元ドライブしたり、ラーメン食いに行ったり・・・・・・

まったく奴は家にも帰らずヤクザな兄貴だぜw

でも充実した日々だったね

やることがなくなると

俺「おい!前の車を追え!

アリ「なんで?」

俺「刑事ゴッコだw」

そして前の車を追うことに・・・

アリ「奴は一体何をしたんですか?」

俺「・・・・・・・・万引きの常習犯だ」

アリ「ぷっ・・奴の名は?」

俺「・・・・・・・・成田だ」

とまぁゆる~いミニコントを繰り広げ前の車を追いつづけること5分

俺「おいっ!止まるぞ!?」

アリ「もう!?」

・・・・・・・・・・・・

俺「ここが奴の家か・・・・よし成田の隠れ家確保だ!帰るぞ!」

と家を見つけただけでコント終了

アリ「じゃぁ何処行く?」

俺「んーーーー、じゃぁ前のトラック追って」

アリ「また!?w」

と、なんの意味も無い尾行を3,4回続け、家に帰宅しました。

ゆるーいなぁw

 

そして次の日、すーげー強風の中釣りしました。

1時間ぐらいやってましたが寒さが半端じゃないので中止

釣果は当然坊主

餌すら食われてないってこの海には魚がいんのか?

と、言い出しっぺの俺に

批難轟々

 

そして寒いのでラーメン食いに行って終了でした。

いやぁアリの2泊3日の地元観光よかったねぇ

1日目も海沿いドライブ、2日目野球?wとクルミんちでプロレスゲーム。

プロレスのゲームは連打のしすぎで指の皮が剥ける始末・・・

いやー

楽しかったぜ!!

 

・・・・・映画レビュー・・・・・

今日紹介するのは「シド・アンド・ナンシー」

4_39975  1978年、元セックス・ピストルズのベーシスト、シド・ヴィシャスは、恋人ナンシー殺害の容疑で逮捕された。刑事にナンシーとのなれそめを聞かれたシドが2人の関係を回想していくという形でストーリーが進んでいく。

壮絶な薬中、ロックを地で行く生き方をしたパンクロッカー、シド・ビシャス

この作品、完成度が非常に高いですね。

ゲイリー・オールドマンの演技が非常に素晴らしい。

ドラッグに溺れた演技は相当です。

ベースも全然上達してない所もリアルです。(上手かったら逆に問題)

見ていて思うことはやはり二人の歪んだ愛。

二人の絆が深まれば深まるほど、周りから浮いて行く・・・

見ていて痛々しいと思えるこの演出にも脱帽です。

純粋に生き方だけでロックを表したのは彼ぐらいじゃないでしょうか。

肝心な内容のほうは、

ナンシーが一番狂ってましたね

実際はアレ以上ですか壮絶ですね。

純粋な愛なんかではない歪んだ愛

ドラッグと同じように離れたいんだけど離れられない。

シドにとってはヘロインとナンシーは求めたものであり、同時に重荷だったのではないでしょうか。

彼がもし今生きていたとしてらただの「昔あんなのいたなぁ」程度になってしまっていたと思います。

かれは21歳という若さで死んだからこそ、伝説になった。

いや、ロックというものを自分の人生で表現したからこそ、死んでしまったのだと思います。

シドとナンシー、

彼らはロック界の求めたものであり、同時に重荷だった・・・・

シドとナンシーの関係のように。

にほんブログ村 映画ブログへ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

最近のトラックバック