フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 歯が痛い | トップページ | 山に居る犬だから山犬 »

2008年3月28日 (金)

ヤブ医者ラプソディ

 

うーん

三日連続で先輩の車でドライブしてます。

おかげで生活ガタガタ。

でも今日古本屋でやっとAKIRA全6巻をそろえました。

ふふふふ。。。。。

 

さて、前の記事で歯が痛いと書きましたが歯医者に通うようになりました。

今日で2回目

前回は月曜で、麻酔を打たれ、でかい穴をあけられ、・・・・

そして今日二回目の通院

医者「叩いてみますよ~、痛いですか?」

カンカン!

俺「いやあの・・・すごい痛いです・・・・」

医者「あーそうですか・・・んじゃ削りまーす」

俺「あ、はい」(なんで叩いたんだ?)

ギュイイイイイイイイイイン

俺「・・・・・・・・・・・・・・・・」

ギュイイイイイイイイイン

俺「・・・・・・・・・・・・・・・」

医者「はい、じゃぁ今度は針でやりますね、痛かったら言ってくださいね」

俺「あ、はい」

ゴリゴリゴリゴリ

俺「・・・・・・・・・・・・・・・」

ゴリゴリゴリ

俺「・・・・・・・・・・・・・・」

ゴリゴリガリッ

そのとき、俺の歯の一番痛いところを、この医者は渾身の力で削ってきた

いつもの俺なら

グワアアアアあ痛てぇぇぇええええええええ!!!

と叫ぶところだが流石に病院、そこは少し遠慮

俺「・・・・・ガッ・・・・・ウッ・・・・・ヴァ・・・・

医者「・・・・・・・・・・・・」

ゴリゴリゴリゴリ

もっと早く気づくべきであった・・・・

歯の治療中にしゃべれる訳が無いということを・・・・

俺(痛い・・・・・いてぇ・・・痛いって!!おい!!あ”あ”ぁぁああああ)

ゴリゴリゴリ・・・・

医者「・・・・・・・・・・・・」

 

あの痛いのに何も出来ないもどかしさ・・・・・

しかも治療費は320円でした

いや安いのはいいんですが・・・・

俺の歯はタバコ一箱と同じ値段か!!!???

 

・・・・・映画レビュー・・・・・

今日紹介するのは「トレインスポッティング」

4_69220 ヘロイン中毒のレントンは、仲間たちと愉快ででたらめな日々を過ごしていた。ロンドンで仕事を見つけたものの、仲間たちのせいで結局クビに。そんなところへ、売人から大量のドラッグを売りさばく仕事を持ちかけられて……。イギリスでカルト的な人気を得、舞台にもなったI・ウェルシュの同名小説に、秀作スリラー「シャロウ・グレイブ」のチームが挑んだ話題作。本国はもとより、アメリカ、日本でも大ヒットとなった。

言わずと知れた話題作。

オビワン・ケノービことユアン・マクレガー主演です。

ドラッグで狂った人間をここまで表したのは「スキャナー・ダークリー」とこれぐらいしか自分は知りません。

人生を選べ、キャリアを選べ、家族を、テレビを、車を、CDプレーヤーを選べ、自己中心のガキになることほどみっともないことはない、未来を選べ・・・。だけど、それが一体何なんだ?

それが主人公レントン。

DVDの裏表紙見ますと全然話の内容が違います。

確かに”陽気で悲惨”な青春映画だが、

別に主人公は絶望なんかしちゃいないです。

これは別に

「ドラッグはやめよう!」なんて安っぽいドラッグ反対映画ではないし、

「ドラッグ気持ちイゼ!」なんて中二作品でもない。

問題はドラッグではないのだ。

最後を見れば解る。

結局人間はドラックなんか無くったって欲望と矛盾だらけ。

ドラッグは気持ちいいけどこういう辛い副作用もあるよ

といった深い人間の根底と、ドラッグを肯定も否定もしないその軽さ、

その二つのテーマのギャップが見事にマッチしております。

特にブリット・ポップな音楽もこの作品の見どころです

にほんブログ村 映画ブログへ

« 歯が痛い | トップページ | 山に居る犬だから山犬 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

よくあるドラッグの登場する作品とは違ったので、初見の時は結構ビックリした覚えがあります。
歯医者さんといえば、「マラソンマン」ってダスティン・ホフマンの出てるちょっと昔の映画観た事ありますか?
歯を使った拷問シーンが登場するんですが、あまり無いパターンだと思います。後半はイマイチですが、途中まではなかなかです。
応援ポチ

お久しぶりです!
ぼちぼち再開するのでよろしくねhappy01
歯、その後、どーですか?
歯が痛いのは辛いですよねー
読んでるだけで、こちらまで痛くなっちゃう感じです

しばし、ブログ探索させていただきますね!

Whitedogさんこんばんは!
確かにドラック映画では異彩を放ってますよね。音楽もこだわっていて中々の良作だと思います。
「マラソンマン」というのはちょっと解らないですが、歯痛のときに歯の拷問シーンを見る勇気はないですw

葵さんお久しぶりです!
再開楽しみにしてますよ!
歯痛はあのヤブ医者のせいで治る気配が・・・w
そちらも歯にはお気をつけを・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/504958/11882429

この記事へのトラックバック一覧です: ヤブ医者ラプソディ:

« 歯が痛い | トップページ | 山に居る犬だから山犬 »

最近のトラックバック