フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 風の谷でナニシタ | トップページ | 雑文お粗末!!! »

2008年3月14日 (金)

実写は失敗のもと

 

今日は受験後期ということで

全国の高校は休みでヤホーイだと思いますが

あいにくうちの地域は

前日も明け方5時まで起きていたので目覚めたのは昼2時

「もー今日はバイトもねぇ、外に出る気もねぇ、ただダラダラ過ごしたるわコラ!!」

と訳のわからない決意をし、

本当にただダラダラしてました。

という訳で書くことは特にありません。

したことといえば、トイレ、独り言、パソコン、昼寝、再放送ドラマ、ぐらい

そういえばテレビの放送に向かって早送りしてました。

そんぐらい

しかし何も無くても書かねばいかんというのがブログというもの・・・

そういえば「働きマン」の作者の安野モヨコが体調不良で長い休暇をとるらしい。

働きマン・・・・漫画は好きです。

単行本一応全部あります。

あー早く5巻でないかなあ・・・と楽しみにしてた矢先にこのニュース・・・

早く良くなってください・・・楽しみにしてますので

そういえばドラマ化してたね働きマン。

かなりキャスティングミスしてたけど・・・

どうしてすぐ実写化するんだろう?

今予定してんのは確か、ドラゴンボール、ルーキーズ、20世紀少年、ヤッターマン、AKIRA・・・・かな?

ドラゴンボールは多分とんでもないことになりそうな予感なのでどうでもいいとして、

20世紀少年!どーなんだろ?

これも原作はそろえるほど好きだけど・・・・

キャスティングは正直かなり合ってる!!

でもどうなるか・・・・あの大作をわずか3部作でまとめられるかが心配だ・・・

ルーキーズは自分森田まさのりファンですから応援してますけど・・・

うーん・・・・・・・

なんなんでしょう?

日本の漫画やアニメを実写化して成功したって話がないような・・・・

あ、トランスフォーマーは良かったね。

でも聞いていい気分はしないなぁ・・・・

でも一つだけ言えることがある

AKIRAの実写化だけはやめてくれ!!!!

 

・・・・・映画レビュー・・・・・

今日は「ライフ・イズ・ビューティフル」

21wqwb0v5cl 大戦前夜の1939年、ユダヤ系イタリア人のグイドは叔父を頼りに、友人とともに北イタリアの田舎町にやってきた。陽気な性格のグイドは、小学校の教師ドーラと駆落ち同然で結婚して一児ジョズエをもうける。しかし戦時色は次第に濃くなり、北イタリアに駐留してきたナチスによって、三人は強制収容所に送られてしまう。母と引き離され不安がる息子に対してグイドは嘘をつく。最初は

「なんだこりゃ?テンション高いおっさんのほのぼのドラマかい?」

と思って見てたのが急にフインキがダークになって行き

ユダヤ強制収容所に・・・

そこでグイドは息子を不安にさせないようにこう言います。

「これはゲームなんだ。泣いたり、ママに会いたがったりしたら減点。いい子にしていれば点数がもらえて、 1000 点たまったら勝ち。勝ったら、本物の戦車に乗っておうちに帰れるんだ。」

優しい嘘ですよね。

そしれ息子に嘘をつきつづけます。

それもこれも息子が不安にならないため。

ラストでは本当に涙がでてきてしまいます。

もう説明要らずの名作だとおもいますんでこの辺でやめときます。

ひとついえることは

優しい嘘は人を救ってくれる

ということですね

ぜひ見ていただきたい作品です!

では!

にほんブログ村 映画ブログへ

« 風の谷でナニシタ | トップページ | 雑文お粗末!!! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

実写化していいものとあかんものがあるように思います。AKIRAはあかんでしょ。マッハGoGoGoの実写化「スピード・レーサー」もありますね。
「ライフ・イズ・ビューティフル」は、あまり書くことないですよね。"いいから観てね"としか書くことないように思います。
応援ポチ

Whitedogさんこんにちは!
AKIRAだけは・・・
確かに踏み入ってはいけない所だと思います。
マッハGoGoGoの実写化はちょっと面白そうですね。レースシーンとか迫力ありそうです!
ライフ・イズ・ビューティフルは書いてるときあれ?書くこと無いな・・・・と短く終わってしまいましたw

 漫画だけでなく ゲーム関係に映画化も
ほとんどが …・・・の状況ですが、
 「攻殻機動隊」の実写化が「マトリックス」
につながったように良い影響があればいいの
にねえ。
 「ドラゴンボール」についてはすでに外れ
の雰囲気が漂ってますが…
 「ライフ・イズ・ビューティフル」は
処刑につれていかれる父親が最後まで笑顔
を見せていたのが印象的なシーンでした。
 

ゆじえむさんこんにちは!
確かにマトリックスは成功でしたね。
そういえば監督のウォチャウスキー兄弟が攻殻機動隊の押井監督と対面したとき
「パクッたんじゃないんです!大好きなんです!」
と聞いてもいないのに話し出したという逸話がありましたねw

ライフ・イズ・ビューティフル、確かに死に際まで笑顔をたやさなかったのは泣けます。
ラストも嘘が現実になり・・・良い!

実写版情報?ですが
「AKIRA」の舞台が「ネオマンハッタン」
になるとか…
「ドラゴンボール」の悟空は「チチ」の気を
引くためにホットドッグ大会に出るような
「エロガキ」な設定になってるとかいう情報
が…
 本当なんでしょうか?

ゆじえむさんどーもです!
そんなぁ・・・AKIRAそこまで話が進んじゃってるんですかぁ・・・
もう実写化は決定なんですね・・・

悟空がそんな設定って・・・
単なるギャグ映画になりそうですねW

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/504958/11340134

この記事へのトラックバック一覧です: 実写は失敗のもと:

« 風の谷でナニシタ | トップページ | 雑文お粗末!!! »

最近のトラックバック