フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 焦り | トップページ | ファンキーを履き違える俺 »

2008年3月 5日 (水)

恐怖と笑いは紙一重

 

働かざるもの食う、寝る、遊ぶ。ー byゴトひろ

わが人生の格言にしたい言葉ですね。

ニート?

上等です。

絶対働かない覚悟

これも極めれば、また真理となりえる。

 

では親など親類に迷惑をかけずニートになる方法は?・・・・

それはある程度、財をなしてからなる

 

結局働くことになるわけですが・・・・

そんな近頃夢を見ている所存であります。

こんばんは

 

先日テレビで怖いのやってましたね。

ああいうのを部屋で一人で見るのが好きなんですが。

あれ結構怖かったんですけど・・・・・

夜中とか帰るとき山道通って帰ってる俺はどうすりゃいいんだよ・・・・

あんなの見たら怖くて通れないじゃないかぁああああああ

自分で見たくせにね・・・・

でも怖さと面白さは紙一重です。

例えばリング貞子で試して見ましょう。

テレビから出てくることで有名な貞子

では

呪いのビデオをカーナビで見たらどうなるのか?

多分かなりサイズダウンした貞子がでて来るでしょう

そりゃあもうリスぐらいの

・・・・ひまわりの種を食べる貞子

・・・・・肩に乗っかる貞子

・・・・・ポケットに潜む貞子

そりゃあもうあんな怨霊ですからたまに噛むことだってあります。

ガブっ

ナウシカ「・・・・ほら、怖くない・・・・」

・・・・・・ペロペロ

ナウシカ「ユパ様この貞子貰ってもいいですか!?!?」

 

愛らしいじゃないですか・・・フフフフフ

むしろ面白さではなく、愛らしさを貞子に感じてしまう自分は異常でしょうか?

 

じゃぁ今度は呪怨

その家に行くとカヨコに呪われてしまう・・・

では

その家で総勢600人ほどでホームパーティをしたらどうなるのでしょう?

庭で遊ぶ子供達、家の中で談笑する親や大人、キッチンで料理に追われるシェフ。

その600人を全員呪い殺すのでしょうか?

どうやって?

子供の遊ぶ中一人場違いな子が一人

色白でパンツ一丁のトシオ君

親「あら!?変な子が一人紛れ込んでいるわ!それにあんな格好で・・・気味が悪いわ・・」

親2「だめよ・・・そういうこと言っちゃ・・。あの子はね・・・・そういう厳しい環境で育った子なのよ・・・・ちょっと!あの子に何か暖かい食べ物を!」

見事に心配されてますね。

そんな中今か今かと待ち構える家の主カヨコ

誰かが一人になるのを待ち構えて、必ず人間が一人になる場所、トイレへ。

そんな中一人の男がトイレへ

男「ふぅーーーーーー。やっぱ今日は寒いからな。トイレが近い・・・・」

・・・・・・・・・・

カヤコ「あ”あ”あ”あ”あ”あぁああああああ」

男「!!うわぁ!・・・・・・・」

カヤコ「あ”あ”あ”あ”・・・・・!!キャっ!!・・・・・・」

男「・・・あっ・・・すいません!」カチャカチャ

 

いくら怨霊でも、生前は女。

男の放尿シーンなど見たらはにかんでしまいますね。

可愛いもんじゃないですか・・・フフフフフ・・・・

 

・・・・・映画レビュー・・・・・

今日紹介するのは「ハイ・フィデリティ」

314d9entg5l 30代の音楽ジャンキーが主人公のラブ・ストーリーを「グリフターズ 詐欺師たち」の主演・監督コンビで描いた作品で、全編にマニアが喜ぶロック・ナンバーがフィーチャーされている。音楽をこよなく愛するロブ・ゴードンは、シカゴで小さな中古レコード・ショップのオーナーをする30代の独身男。音楽へのこだわりがあまりに強すぎるためか店のほうはパッとしない。同棲中の彼女ローラとは結婚もせずに中途半端な状態。ついにある日、ローラは理由も告げずに家を飛び出してしまい……。

主演はジョン・キューザック

他にもジャック・ブラック、ティム・ロビンス、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、リリー・テイラーと豪華。

恋愛下手な音楽オタクの主人公の、過去の恋愛で辛い別れTOP5を振り返る。

という話なんですけど。

普通に笑えます。

でも人間臭くて笑えるところが多いのかな。

自分より知識やセンスがない客に対しては冷たかったり、誰でも経験あると思います。

ティム・ロビンスをボコボコにする妄想シーンも笑えます。

彼女に復活の可能性はゼロじゃないと言われ喜び、バックではクイーンのウィーアーザチャンピオンがかかる所もまた良いですね。

何よりジャック・ブラックのキャラが良い!

いつも皮肉っぽくてウザがられるけどそこがまた良い

最後には自慢の歌声を披露してくれます。

音楽ネタも多くて音楽マニアは必見です。

自分は未公開シーンのピストルズのレコードのくだりが好きです。

ぜひ見て欲しいですね!

かしてくれたジミー!ありがとうございます。

では!

にほんブログ村 映画ブログへ

« 焦り | トップページ | ファンキーを履き違える俺 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

 怪奇大家族にもでてましたね、
階段幽霊 「トシオくん」。
 清水監督も自分の作品でパロディ
とは… 大笑いでした。
 怖い番組って土曜日にやってたやつ
ですか?
 私は 鏡に映った子供の映像が一つだけ
振り向かなかったやつが怖かったです。

昔はビデオだったけど、今なら呪いのDVD、そのうち、呪いのブルーレイ。ジャパニーズホラーで電化製品の歴史が振り返れます。呪いのブログとか、登場するかな?
この作品でもなつかしの音楽がたくさん登場しますが、曲を聴くとこの映画の、このシーンってなぜか思い出したりします。逆はあまりないような気が・・・
応援ポチ

ゆじえむさんこんばんは!
怪奇大家族面白いですよねえw
自分はもう幽霊に気づかない父親とかもツボでしたw
見たのはその土曜のやつです!
あの鏡の子すごかったですねぇ・・・ジーッと睨み付けて・・・怖い
廃墟で生首が追って来るのも怖かった・・・

Whitedogさんどーもです♪
呪いのブルーレイとはw次世代ですねぇ。呪いのHDーDVDなら再生機なくて安心かもw
呪いのブログは管理人が死んだのに記事が更新する・・とか?。
音楽でそのときの思い出が蘇る、なんてけっこうありますね。テレビなどで映画のサントラが使われるとあっ!あれだ!ってなったりしますw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/504958/10953805

この記事へのトラックバック一覧です: 恐怖と笑いは紙一重:

« 焦り | トップページ | ファンキーを履き違える俺 »

最近のトラックバック