フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

山に居る犬だから山犬

 

今日タクが上京しました。

何と言うか今まで実感湧かなかったのに、

いざ彼のスーツ姿を見るとなんか現実を突きつけられた感じでした。

うーん

何と言うか彼も立派に自立して行ったんですね・・・

自分も負けてはいられません。

次は自分の番ですからね。

明日は我が身。

 

さて今日は3度目の歯医者でしたが、

何度も歯医者の話はしつこいのでいいやw

あえて言えば

今日がこの3回の通院の中で一番痛かった!

あのヤブ医者何回レントゲンとんだよ・・・・・・

んで今日は友人のクルミの家でダラダラダラダラ・・・・

やったことと言えば

クルミのいえの犬の散歩(6匹)

ぐらいか・・・

しかも大好きな

もう登ったね。

犬と走り回って来ました。

犬一匹足りなくなったり、トラックの荷台に小便されたりと色々あったがいい日でしたね。

やっぱりいいなぁ犬は・・・・ハァハァ

もう速攻赤ちゃん言葉だね

「どうしたんでちゅかぁ~?ジャーキー食べたいにょ~?♪♪」

 

まぁ山ん中で犬相手に何やってんだって突っ込みは無しの方向で。

いや可愛いもんはしゃーない

だって子犬が三匹も居て山の中をひょこひょこってもう・・・・

ハァハァしちゃいますよ?

やっぱり犬かあいい~

 

そういえば昨日久々に刈とアリとリョーにあった

かりは相変わらず登山家B-BOY、リョーは金髪ラーメン屋でした。

でもアリさんは変わらずでしたね。

というか変わって欲しくないです。

またこうして会えることを楽しみにしてます!

 

・・・・・映画レビュー・・・・・

今日紹介するのは「バグダッドカフェ」

417m0vf93tl ドイツからの旅行者ジャスミンは、アメリカ旅行中に夫と酷い喧嘩をして車を降り、重いトランクを提げて歩き続け、砂漠の中のさびれたモーテル兼カフェ兼ガソリンスタンド「バグダッド・カフェ」にやっとの思いでたどり着き部屋を借りる。いつも不機嫌な女主人のブレンダ他、変わった連中ばかり集まっている「バグダッド・カフェ」。そこで働くことになったジャスミンは「バグダッド・カフェ」に新風を巻き起こし友情を深めていく。

言わずと知れたパーシー・アドロン監督の傑作。

主題歌の「コーリング・ユー」が観る人のココロを静かに動かすいい素材になってますね。

旅行者のジャスミンがブレンダや周りの人物達と打ち解けて行くところが何ともいえませんねぇ

怒り狂っているブレンダを遠巻きから見つめる夫。。。

「それじゃぁダメなんだよブレンダ・・・・」

すごく好きなシーンです。

大人の恋愛って所もまたたまりませんね。

多くを言わず、(言ってるかw)絵で表現する愛

最後のブレンダの笑顔が最高にいいです!

砂漠のオアシス・・・・

このバグダットカフェは確かにオアシスです!

見る人を必ず癒してくれます。

忙しくイライラが溜まる現代人に必要なのはこういった作品ではないでしょうか?

お勧めの一品です!

では!

にほんブログ村 映画ブログへ

2008年3月28日 (金)

ヤブ医者ラプソディ

 

うーん

三日連続で先輩の車でドライブしてます。

おかげで生活ガタガタ。

でも今日古本屋でやっとAKIRA全6巻をそろえました。

ふふふふ。。。。。

 

さて、前の記事で歯が痛いと書きましたが歯医者に通うようになりました。

今日で2回目

前回は月曜で、麻酔を打たれ、でかい穴をあけられ、・・・・

そして今日二回目の通院

医者「叩いてみますよ~、痛いですか?」

カンカン!

俺「いやあの・・・すごい痛いです・・・・」

医者「あーそうですか・・・んじゃ削りまーす」

俺「あ、はい」(なんで叩いたんだ?)

ギュイイイイイイイイイイン

俺「・・・・・・・・・・・・・・・・」

ギュイイイイイイイイイン

俺「・・・・・・・・・・・・・・・」

医者「はい、じゃぁ今度は針でやりますね、痛かったら言ってくださいね」

俺「あ、はい」

ゴリゴリゴリゴリ

俺「・・・・・・・・・・・・・・・」

ゴリゴリゴリ

俺「・・・・・・・・・・・・・・」

ゴリゴリガリッ

そのとき、俺の歯の一番痛いところを、この医者は渾身の力で削ってきた

いつもの俺なら

グワアアアアあ痛てぇぇぇええええええええ!!!

と叫ぶところだが流石に病院、そこは少し遠慮

俺「・・・・・ガッ・・・・・ウッ・・・・・ヴァ・・・・

医者「・・・・・・・・・・・・」

ゴリゴリゴリゴリ

もっと早く気づくべきであった・・・・

歯の治療中にしゃべれる訳が無いということを・・・・

俺(痛い・・・・・いてぇ・・・痛いって!!おい!!あ”あ”ぁぁああああ)

ゴリゴリゴリ・・・・

医者「・・・・・・・・・・・・」

 

あの痛いのに何も出来ないもどかしさ・・・・・

しかも治療費は320円でした

いや安いのはいいんですが・・・・

俺の歯はタバコ一箱と同じ値段か!!!???

 

・・・・・映画レビュー・・・・・

今日紹介するのは「トレインスポッティング」

4_69220 ヘロイン中毒のレントンは、仲間たちと愉快ででたらめな日々を過ごしていた。ロンドンで仕事を見つけたものの、仲間たちのせいで結局クビに。そんなところへ、売人から大量のドラッグを売りさばく仕事を持ちかけられて……。イギリスでカルト的な人気を得、舞台にもなったI・ウェルシュの同名小説に、秀作スリラー「シャロウ・グレイブ」のチームが挑んだ話題作。本国はもとより、アメリカ、日本でも大ヒットとなった。

言わずと知れた話題作。

オビワン・ケノービことユアン・マクレガー主演です。

ドラッグで狂った人間をここまで表したのは「スキャナー・ダークリー」とこれぐらいしか自分は知りません。

人生を選べ、キャリアを選べ、家族を、テレビを、車を、CDプレーヤーを選べ、自己中心のガキになることほどみっともないことはない、未来を選べ・・・。だけど、それが一体何なんだ?

それが主人公レントン。

DVDの裏表紙見ますと全然話の内容が違います。

確かに”陽気で悲惨”な青春映画だが、

別に主人公は絶望なんかしちゃいないです。

これは別に

「ドラッグはやめよう!」なんて安っぽいドラッグ反対映画ではないし、

「ドラッグ気持ちイゼ!」なんて中二作品でもない。

問題はドラッグではないのだ。

最後を見れば解る。

結局人間はドラックなんか無くったって欲望と矛盾だらけ。

ドラッグは気持ちいいけどこういう辛い副作用もあるよ

といった深い人間の根底と、ドラッグを肯定も否定もしないその軽さ、

その二つのテーマのギャップが見事にマッチしております。

特にブリット・ポップな音楽もこの作品の見どころです

にほんブログ村 映画ブログへ

2008年3月24日 (月)

歯が痛い

 

最近パソコンを開く暇がなく更新が遅れてしまいましたね

でもここ数日色んなことがありました。

例えば昨日友人宅で卓球をして遊んでいると

家主の片山が動かない原チャリをふかしていたらいきなり

ブルゥウン・・ドッドッドッド・・・

片「おっ!エンジンついた!!」

俺「マジで?!」

片「おぉ動く動く!」

ブルウウウウウウン・・・・・

・・・・・・・・

ドガッ!!

コンクリートブロック激突

一同「ぎゃはははは!何やってんだよ!ww」

みんなで変わりばんこで乗っていると

友人の仁が

ギャアアアア・・がガがガ・・・・

 

マジこけ・・・・

一同「!!・・・・・・・・・・・」

俺「おいっ!仁!」

仁「・・・・・・うう・・・足が・・・」

膝すりむいた・・・・

俺「お前洒落なんねーよw」

仁「もう原チャリは・・・・乗らない・・・・」

トラウマ確定

実際あの事故で足すりむいただけとか・・・よくそんな軽傷で済んだもんだ・・・

本人1時間後に元気にサッカーしてるしw

無免ですが私有地なので問題無しということで

 

そんなこんなで色々忙しい日々が続いた訳ですが・・・

昨日の夜から歯に激痛が・・・

「虫歯だな・・こりゃ・・」

うう・・・

痛くて寝るにも寝れず・・母に

俺「おい!バファリンない?」

母「あー?ガサガサ・・・・・・ない」

俺「えぇ・・・・歯ぁ痛くて寝れねぇのよ・・」

母「じゃあ正露丸歯にさして寝たら?」

俺「はあ?正露丸?ありゃ腹痛用だろ?」

母「昔はよくやったんだって!みんな」

俺「そんなお婆ちゃんの知恵袋的なもんが効くかよwwヘラヘラ」

一応正露丸の効能を見てみると一番最後に・・・

虫歯痛

俺「あっ!!!マジか!?」

早速歯に埋め込んで寝ていると・・・

「うん、効く効く」

二つ教訓を得た

年長者の意見はあながち正しい

あと

正露丸は万能薬だ

ということ

皆さん虫歯は早めに直しましょう。

 

・・・・・映画レビュー・・・・・

今日紹介するのは「デスペラード」

51xgip65k3l 昔ギャングに恋人を殺され、自らも掌を撃たれマリアッチとしての道を閉ざされたエル。彼はギターケースに武器を詰めてギャングのボス、ブチョを捜し殺そうと考えていた。エルはブチョに近づくために彼が経営する酒場に行くが、正体がばれ酒場にいた彼の手下達と壮絶な撃ち合いを繰り広げる。立ち向かって来た手下を皆殺しにして切り抜けたエルだが、追っ手から通りすがりの美しい女性、カロリーナをかばい撃たれ傷を負ってしまう。カロリーナは怪我をしたエルを自分の店にかくまうが、彼女はブチョの愛人の一人である事が解る。エルはその事を彼女に突き詰めるが、その時ブチョが店を訪れてしまう。カロリーナがその場をごまかすが、ブチョは彼女がエルをかばっているのを確信する。束の間、愛を交わすエルとカロリーナだったが、ブチョの手下達が店に攻めて来て・・・。

ロバート・ロドリゲスのマリアッチ三部作の二作目です

前作の「エル・マリアッチ」はこちらの記事に理想の女性像

前作とはうって変わってこの作品の出演陣も豪華になりました

アントニオ・バンデラスも濃ゆーい演技してます。

このメキシカンなフインキと言いラテン系音楽も堪らないです。

最初から最後までハードなアクションも見ものなんですが

ラストの撃ち合いの馬鹿馬鹿しさも最高ですw。

内容は見てのお楽しみ。

マリアッチ・・・

最後まで彼の本名は解らない・・・

あの一見馬鹿馬鹿しい撃ち合いもロバートのエンターティナーとしての才能が光ます

にほんブログ村 映画ブログへ

2008年3月20日 (木)

ぐわ!やっぱりAA無理かっ!!

 

くそ・・・

飯の食いすぎで腹が痛い・・・

ぐぅ・・・・

しかもテレビではよゐこの浜口が上手そうにアワビやらキンメダイをむさぼり食ってやがる・・・

腹痛で正直グゥの音もでません・・・

こんばんは

 

さて・・・最近ブログでAAを使ってみたいんですが・・・

無理ですかねぇ・・・

      /          ヽ、  
      ィ              i 
     /        i      ヽゝ 
    //´    / ノ イl       、ヽ 
    l   , ‐ィ ´ir'´〃',       トl 
    {  f三ミ'' アT ー-'ヽ       ノ 
    ヽ !、´ /i ヽ    }、     / 
     ヽ l´ .ノ   `ー 'ノ l    l 
   _,. - Jィヘ. `、''__  ヽ'ノノ   ,.人、 <坊やだからさ・・・ 
  /  /ヘ ヘ ー   `ィ_ /  lヽ\ 
  l   _,\  /`ー,. ''_,.ゝ'   /   |   \ 
  | r┴―┐' r´-く    ハ  l 
  l l_   !  .|  ゝ、  /  ヽ-- 
  r '´__,.)~┤  !ーi  ヽ /    `7 
 / /, -‐- 、 l /i  |   /     / 
 } '´ _, =-く┘'   l  /     / 
 l ''   , ィ     ! / 
 ヽ ‐ ´ ノ     | / 

と・・・使ってみる。

なぜ赤い彗星かと言うと

いちばん笑えるからw

うーん見難いなAA

使い勝手悪そうだ。

そういえば先日から友達と麻雀三昧。

友達の家出ずっとジャラジャラジャラジャラ・・・

そんな中俺がリーチ・・・

ピンズがイッキツウカンしててチューソウ頭待ち状態

場にチュ-ソウは三つ・・・

あと一つ誰かが振り込むはず・・・・

しかし場は流れた・・・

あれ?あと一つあるはず・・・誰か持ってんのか?と思い見てみてもない・・・

すると積んだ牌の横から友人が捨てたチューソウが・・・

おまえ・・・みえなかっただろうがぁ!!                   


              \   , -' ´     ̄``\ 

               _, -‐'´               i 
 / <>      ,. ‐'´ _,. -────-- 、.._    l 
  \ 、     /, ‐' ´   } }    リ    i,  `;‐ 、. l 
   ヾ、,,. -‐'rf'´ 、ノー--‐'ノー-ァ'ヽ.リ_ノ_ ,ノ'  ;' ヽ.ヽ 
. ⊃ | |   | |  }ノ´─‐- 、,ノ'´ ヽ、ヽ\へ、ノ'   ヽ.} 
.    | |   | | "´}   ,二二_`'‐-=ソノ` ;{__;ゝ、_,.ノ'ヽ! 
     ! !   ! ! _,l. `'  (。P} ` ヾ´  /r;c-、,`〉 ) _,,ノ' 
     ! !   ! !  }   `ー--‐' '"   ヾ‐'ノ゙,ル'/ _ノ 
     | |   | | "´! '"´            _`! :{'ノ ,イ 
     | |   | |  リ            ´ '',.ィ'   ! _}.!  遊びでやってんじゃ 
    
| |   | |  }         ,.-──‐-、    l }l
    | |   ヽ:、"`ヽ、   /ー'´ ̄ ̄`y}   l`ソ!       
ないんだよ!! 
.     ! !       ``'‐ 、ヽ,、l, -─- 、- 、 !   ノ、)l 
  -‐'' |、        `'' ゝ、 ,.. -────‐-'、! 
  -‐ ' ´\` ‐ 、        `!          | 
      -‐'/7 ̄{{``' ‐ 、    |   ⊂ニニ⊃  | 

しかし友人は謝るどころか

「見てないほうが悪いwあーおもしれwヘラヘラ」

はぁ?この野郎・・・いけしゃあしゃあと・・・

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(:::::::::::::::::::::::::::::::   ,...ヾ ;;\::           ::l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ 
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ー-..::::ミミミ、ヾ   (_);;) ヾ;;ヽ、           :i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:// 
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;=-゙-`::::::ミミ\ ゙゚''´ i::ヽ;;i  ::         |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;l / 
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::::::    :::::::.ミ::.'ヽ.........::::::::.、'_ノ        l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i / 
;;;;;;;;;;;;;;;;;,ノ:::::::::::.             :::.`   , 二;ニ= 、   ノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ  / 
;;;;;;ー-'',:::::::::::::::              :::  ' ,rェ ヽ`  ヽ /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;// / 
;;;;;;;;;;;;/"::::::::::                i ヽ゚ ン i` /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ / / 
ー' ̄:::::::::::::::::             ___゙゙゙゙ヽ ー  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:// / / 
:::/:::::::::::::::::::::      ___  ヽ、ー ヽ ノミ; ::. /;:;:;:;:;:;ー" ̄ / / / / 
/::::::::::::::::::::::::    /:::::::::::::\ \ ヽ/ ̄   : /;:;:;:;:/"/ / / / / / 
:::::::::::::::;;:::::::::::.   l ̄\:::::::::::::\ )     /;:;:;:;:;:l´/ / /  |\/\/ヽ∧ 
::::::::::::::::::;;;:::::::.   ヽ  ヽ:::::::::::::::'/      /;:;:;:;:;:丿/ / _/
::::::::::::::::::::;;;;:::::     \  |::::::::/      /;:;:.:_,- " / /\ 
:::::::::::::::::::::;;;;;;:::    、.  \_l;;;/      / ̄/ / /  ./  
:::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;../ ̄ ー、.,.      // /  / /<  歯ぁ食いしばれ! 
::::::::::::::::::::::::::::;;/      ゙''ー 、_./.  / / / / /   
''ヽ::::::::::::::::/゙            `ー--- 、 / / / |  そんな大人! 
  \__/     ......--、            ヽ / //    
   /  .....:::::ミ::::::::.::... \__           ) / /_修正してやるぅうう!!! 
  /  ....:::::::::::::ミ:::::::::::::::::........゙ー-、__   ___ / /  ̄/     
/  ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::......."<__// /  <    
  ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;:::::::::::::::::::::::::::::... ヽ / // /  

まぁそこまでしませんが・・・w

にしてもこのAA・・・・

使い勝手悪いね!!♪

どうやったらちゃんと貼れるか勉強せねば・・・

今日は実験ということで多めにみてください((汗 

・・・・・映画レビュー・・・・・

今日紹介するのは不朽の名作「七人の侍」

21qh43dasrl 時は戦国時代百姓と侍という相対する存在の描写と、彼らの関係に変化が起こる描写を加えつつ、「百姓と侍の連合軍」対「野武士の一団」の合戦が始まる。

1954年4月26日に公開された黒澤明監督の日本映画シナリオやアクションシーン、時代考証などの点を含め、世界的に高く評価されており、多くの映画作品に影響を与えたと言われている、日本映画の歴史いや、世界の映画の歴史に燦然と輝く珠玉の名作である。

いやいやもはや説明要らずでしょうこの作品は。

中3の時見ても「おもしろい!」って思えるぐらいですから。

いやどうすごいか・・・説明しようがないなぁ・・・・

しいていうなら黒澤明が背景の雲が気に入らずに良い雲が出るまで3時間撮影を止めた

というエピソードがありますね・・・

もうこの時点で違いますね

最後に死人が出なければここまでの作品にはならなかったと言われていますね。

でもそこだけじゃないと思います。

もっと色んな所に素晴らしい要素が散りばめられていると思います。

この時代の侍と百姓の距離もリアルですし、

その中間に立つ菊千代のキャラクターも良いですね。

侍達全員のキャラクターも素晴らしい

戦国の猛者もいれば戦略家、兵法家、七人七色のキャラクターが足りない部分がないです。

ストーリー、アクション、演出、全てひっくるめて日本映画の見本的な作品!

もう見てくれとしかいえない作品です。

でわ!

にほんブログ村 映画ブログへ

2008年3月17日 (月)

雑文お粗末!!!

 

皆さん最近どうお過ごしでしょうか?

犬に赤ちゃん言葉使ってませんか?

普通のテレビ番組に向かって早送り押してませんか?

リモコン握りながらリモコン探してませんか?

自分のいびきで目が覚めていませんか?

自分の屁を人のせいにしていませんか?

寝てない自慢してませんか?

相性占いで自分と芸能人の相性占ってませんか?

鏡に向かって「お前誰だ?」とか言ってませんか?

電気引っ張るのでボクシングしてませんか?

 

自分は元気です こんばんは!

最近選挙の街宣の声で眼が覚めます。

「○○に一票!どうか皆様のお力を!」

うるせー・・・・

てめぇに絶対票はいれねぇーからなぁ!!

と選挙権のない馬鹿一人の叫び。

大学生の寝てない自慢のの話ですが最近すごく寝てます。

理由は多分部屋のせい・・・

自室はプロジェクターの映画使用なので遮光カーテン使ってるんですけど

人間とは不思議なもんです

部屋が真っ暗だといくらでも眠りつづける!

カーテンを開け忘れて寝た日にゃぁもう・・・

次の日

やっちまったなぁ!!

ですよ。ええ

皆さん寝すぎにはお気をつけを

 

というか先日クルミが置いて行った「風の谷のナウシカ」

最後の巻がない・・・・・

続き気になる!!!

王蟲!!

巨神兵!!!??

あぁーーーーーーーー

もうグダグダだな今日

ユパ様!?!?

・・・・・・・・・・・

腐海!!??

・・・・・・・・・・

 

お粗末!!!!!!!!!!!

・・・・・映画レビュー?・・・・・

今日は今まで紹介してきた作品でこれはやっぱりお気に入り!っていう作品を10つ並べてみます!

まずこれ!

21t7nb1sc6lthumb 「アモーレス・ペロス」

この監督の作品の中で一番好きな作品!

人間の歪んだ愛、それを見事に描いた作品です。

  

31nbvbskr1lthumb 「シティ・オブ・ゴッド」

衝撃作!狂った子供がギャングへ成長して帰ってくる。

異常なことの連続なのにテンションが全く下がらず、面白さが溢れる作品です。

  

314t3csbs0lthumb 「シン・シティ」

ロバート・ロドリゲスの最高作。原作者のフランク・ミラーと共同制作

アメコミの金字塔を世界観を壊さず見事に実写化。バイオレンスとハードボイルドが堪らない!

 

317lygvk4blthumb 「鉄コン筋クリート」

去年見た作品では一番かも。原作松本大洋。監督はアニマトリックスのマイケル・アリアス

日本に漂う混沌を誇張しながらも不自然なく描いた作品です。漫画のほうもお勧めですよ。

  

213m6e2b4f3lthumb

「25時」

監督は巨匠?スパイク・リー。主演エドワード・ノートン。ノートンが鏡に向かって自問自答するシーンは圧巻。

社会風刺もですが世の中の不条理さも上手く描いた作品だと思います。

 

21kej0gyh9lthumb 「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」

ガイ・リッチーは天才。どうしたらこんなにも上手く話が繋がるんだ。

音楽も70’sオールディーズと堪らない。ストーリーの繋がりが素晴らしい作品。

  

21sqza6i8clthumb 「コーヒー&シガレッツ」

ジム・ジャームッシュの異色作。ただダラダラしゃべっている映画。しかし下らなくも面白い。

出演陣も異常に豪華。ジョークや変な人間関係が下らなくも面白い作品

  

31wg6r6749lthumb 「パルプ・フィクション」

タランティーノを語るには外せない作品。出演陣は正直上以上に豪華。

あっちで何かが起こりこっちで何かが起こり休む暇も無い面白さ。サミュエルとトラボルタのダッサイTシャツが最高!

 

2159sjsqxwlthumb 「攻殻機動隊/GHOST IN THE SHELL」

アニメ映画ではAKIRAに並ぶ金字塔。押井守の最高峰。

どこまでが機械でどこまでが人間で、そして機械の中に魂はあるのか?。人間の根底に問いただしてくる作品。

 

213p8yw3dmlthumb 「バッファロー’66」

自分が映画を語るにして絶対外せない作品。ヴィンセント・ギャロが輝く作品です。

一番すきかも・・。演出、ストーリー、音楽、人物、全て最高です。もうこれは絶対外せない!!!

 

ぐわっ!入れたい作品が次々と・・・・10じゃたりないなあ・・・・・。

せめてもう20欲しいところ。

この中で一つでも好きな作品があれば一夜語り明かせます。w

しかしまだまだありあす!。

いやぁ・・・・足りない・・・

そして・・・・疲れた。

にほんブログ村 映画ブログへ

2008年3月14日 (金)

実写は失敗のもと

 

今日は受験後期ということで

全国の高校は休みでヤホーイだと思いますが

あいにくうちの地域は

前日も明け方5時まで起きていたので目覚めたのは昼2時

「もー今日はバイトもねぇ、外に出る気もねぇ、ただダラダラ過ごしたるわコラ!!」

と訳のわからない決意をし、

本当にただダラダラしてました。

という訳で書くことは特にありません。

したことといえば、トイレ、独り言、パソコン、昼寝、再放送ドラマ、ぐらい

そういえばテレビの放送に向かって早送りしてました。

そんぐらい

しかし何も無くても書かねばいかんというのがブログというもの・・・

そういえば「働きマン」の作者の安野モヨコが体調不良で長い休暇をとるらしい。

働きマン・・・・漫画は好きです。

単行本一応全部あります。

あー早く5巻でないかなあ・・・と楽しみにしてた矢先にこのニュース・・・

早く良くなってください・・・楽しみにしてますので

そういえばドラマ化してたね働きマン。

かなりキャスティングミスしてたけど・・・

どうしてすぐ実写化するんだろう?

今予定してんのは確か、ドラゴンボール、ルーキーズ、20世紀少年、ヤッターマン、AKIRA・・・・かな?

ドラゴンボールは多分とんでもないことになりそうな予感なのでどうでもいいとして、

20世紀少年!どーなんだろ?

これも原作はそろえるほど好きだけど・・・・

キャスティングは正直かなり合ってる!!

でもどうなるか・・・・あの大作をわずか3部作でまとめられるかが心配だ・・・

ルーキーズは自分森田まさのりファンですから応援してますけど・・・

うーん・・・・・・・

なんなんでしょう?

日本の漫画やアニメを実写化して成功したって話がないような・・・・

あ、トランスフォーマーは良かったね。

でも聞いていい気分はしないなぁ・・・・

でも一つだけ言えることがある

AKIRAの実写化だけはやめてくれ!!!!

 

・・・・・映画レビュー・・・・・

今日は「ライフ・イズ・ビューティフル」

21wqwb0v5cl 大戦前夜の1939年、ユダヤ系イタリア人のグイドは叔父を頼りに、友人とともに北イタリアの田舎町にやってきた。陽気な性格のグイドは、小学校の教師ドーラと駆落ち同然で結婚して一児ジョズエをもうける。しかし戦時色は次第に濃くなり、北イタリアに駐留してきたナチスによって、三人は強制収容所に送られてしまう。母と引き離され不安がる息子に対してグイドは嘘をつく。最初は

「なんだこりゃ?テンション高いおっさんのほのぼのドラマかい?」

と思って見てたのが急にフインキがダークになって行き

ユダヤ強制収容所に・・・

そこでグイドは息子を不安にさせないようにこう言います。

「これはゲームなんだ。泣いたり、ママに会いたがったりしたら減点。いい子にしていれば点数がもらえて、 1000 点たまったら勝ち。勝ったら、本物の戦車に乗っておうちに帰れるんだ。」

優しい嘘ですよね。

そしれ息子に嘘をつきつづけます。

それもこれも息子が不安にならないため。

ラストでは本当に涙がでてきてしまいます。

もう説明要らずの名作だとおもいますんでこの辺でやめときます。

ひとついえることは

優しい嘘は人を救ってくれる

ということですね

ぜひ見ていただきたい作品です!

では!

にほんブログ村 映画ブログへ

2008年3月11日 (火)

風の谷でナニシタ

 

やっと雪が溶けたぁああああああああああああ!!

今日も久々にチャリで学校行きました!

いやぁやっぱりチャリだとバスの時間とかに縛られないからいいねぇ♪

にしても土日でこんなに一気に雪がとけるなんて珍しい。

まぁなんにしても長い冬が明けてようやく雪かきから開放された・・・

よかったよかった!!

 

さて今日は昨日先輩達とのカラオケで声がガラガラ

多分自分がいちばん歌った気がします・・・・

終わった直後なんて

何しゃべっても

「何いってんの??」

と言われる始末

朝学校行ってもヤスに

「何その声?風邪ひいた?」

と言われ・・・

カラオケ行くと毎回このパターンだ・・・

 

しかも先輩のタクとカラオケに行くと必ず懐メロセレクションになり

必ずタクの松山千春を聞かされる・・・・

お前は一体いくつだ?

負けじと自分もクラスやゴダイゴ、果てはフォーククルセイダーズまで歌いました。

選曲だけ見るととても10代に思えないありさま・・・・

いいのかこれで?・・・・

 

今これを書いてる時今家に女友達のクルミが漫画の「風の谷のナウシカ」を貸しに来てくれました。

時刻は深夜1時・・・・・(こんな時刻にありがとう)

深夜にふと読みたくなる風の谷

どんな状況だよw

しかも喉が痛いし鼻もつまる・・・

これじゃぁまるで風邪の谷だ・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

うーん・・・・

今のギャグはいまいちだな・・・・

今夜は風の谷でオールナイトになりそうだ・・・・

 

・・・・・映画レビュー・・・・・

今日紹介するのは「スクール・オブ・ロック」

31ggdpbmhyl ギタリストのデューイはロックを全身全霊で愛する男だったが、その熱すぎる情熱と勝手なパフォーマンスが原因でバンドをクビになってしまう。家に戻れば、同居している友人ネッドとそのガールフレンドから家賃を払うように言われ、進退窮まってしまう。そんな時、ネッドあてに私立学校の代用教師の話が舞い込み、仕事が欲しかったデューイはネッドになりすまして名門ホレス・グリーン学院へと向かう。

もともと仕事などする気のない彼だったが、厳格な規律の多い学校で過ごす子供たちが無気力な事に気がつき、更に子供達に音楽の才能があることを見つけ、こっそりとバンドを組んでバンドバトルに出場することを思いつく。

主演はジャック・ブラック

最高にテンションの上がる映画です!

天使にラブソングをのロック版と言った感じでしょうか。

子供達がロックをやる話ですがなぜがボーカルまで先生がやるという・・・

そして警備やマネージャーまで生徒がやる・・・

笑えます!

子供達も上手い!

さすがオーディションで勝ち抜いてきただけあります!

音楽ネタも満載でAC/DCなどの楽曲も豪華!

最後のライブシーンも最高にク-ルです!

終始テンションが上がりっぱなしの作品です!

ぜひお勧めです!

では!

にほんブログ村 映画ブログへ

2008年3月 8日 (土)

捕鯨と子犬

 

昨日の夜ニュースを見ていたら「アメリカ兵、子犬を崖に投げ落とす動画をYOUTUBEに投稿」

というニュースが動画と共に流れた

本当にショックで気が滅入った・・・

そしてすごく怒りを覚えた。

投げ落とされる瞬間の犬の鳴き声が今でも耳に残ってる・・・・

はぁ・・・・・

本当にこいつらは人間なのか?・・・

現地ではたくさん人間が殺されてるって言うけど

犬は関係ないだろ?

この兵達には死ぬより辛い罰を与えて欲しい。

 

昨今、捕鯨問題とかで動物の命が問題視されているけど

それとは話が違う

そもそも捕鯨は日本古来の文化であり、生きるため、食べるためにやっていることだ

豚肉を食べるのに、豚は食べちゃいけないっていうイスラム教に了解が必要ないのと同じ

他国の文化に口を出すのは馬鹿もいいとこ

それで今オーストラリアに日本の捕鯨はバッシングを受けている訳だけど

オーストラリアには幻滅した

テレビで正しいカンガルーの殺し方とかやってるくせにクジラは別問題ですか?

オーストラリアの意見は

クジラは世界でももっとも美しく知性のある動物であり殺すなんてどうかしてる。カンガルーとは訳が違う。日本は議論する権利などない。

 

最低だよ

じゃあ美しくない知性の無い動物はいくら殺してもいいのか?

クジラは殺しちゃだめでカンガルーはいくら殺してもいいのか?

世界で一番動物を殺している国クジラは食うなと?

そもそも日本の捕鯨は世界捕鯨協会から許可を得てやっていることで、捕っている量は世界のクジラの1%にも届かない量だ。

しかもお前らが食うために牛を殺すのと同じで、こっちも食うためにやっていることです。

なんの意味もなく子犬や、カンガルーを殺すことよりも、捕鯨の方が大事なのか?

アメリカがはじめて日本にきた理由は捕鯨だぞ?

人の国の文化に口出すのは、世界から意味もなく殺される動物がいなくなってからにしろよ!!!

 

 

熱くなってしまった・・・・。

すみません。

以前犬を飼っていたので私怨バリバリです。

シーシェパードだっけ?あの捕鯨反対の団体

馬鹿もいいとこだ

人間は地球から消えたほうがいいのかもしれないな

 

・・・・・映画レビュー・・・・・

今日紹介するのは「死にたいほどの夜」

21j2xszaxdl 夜のタイヤ工場で働くニール(トーマス・ジェーン)は刹那的な日々を送っていた。しかし本当は人並みの幸せを願っており、同僚にグチをこぼすことも。ある夜、恋人のジョーン(クレア・フォーラニ)が自殺を図った。未遂に終わるが病院に収容。始めの内はジョーンを見舞っていたニールだったが、やがて彼女の前から姿を消す。そして悪友のハリー(キアヌ・リーヴス)とナンパした女の子を連れて、盗んだ車で夜明けのドライヴへとなだれこむ。そしてクリスマス。プール・バーでリジー(マーグ・ヘルゲンバーガー)という女がニールに声をかけ、彼女の家に連れていく。そこにはジョーンが待っていた。ニールは今までの態度をわび、タクシー会社の面接に行くことにする。しかしニールはマトモにはなれない。家に帰り、友人ジャック・ケルアックへの手紙をタイプし始める。

またしてもビート・ジェネレーション

なんて説明していいか解らない・・・・

説明が上に全部出てしまっているので感想だけ

なぜ彼は最後待ちつづけなかったのか?

それはやはり彼はビートだったからか

かれは一生自由であり、狂った聖人であるんだなぁ。

彼はこのあと一生旅を続けてビートの間では伝説となりましたが、彼が唯一立ち止まった理由。

それが愛する人だったんですね。

けど彼はずっと自由でありビートであり・・・・

それが彼であるから待つことはしなかったんだと思います。

キアヌ・リーブスの存在感もいい感じです。

アメリカの青春ドラマには飽きたという方にはぜひお勧めです。

では!

にほんブログ村 映画ブログへ

2008年3月 6日 (木)

ファンキーを履き違える俺

 

今日うたばんで話題のジェロ君がでていましたね

初めて見たときは

「おっ今度は本格的なラッパーが出てきたな」

ズン♪ズン♪

こごえるぅ~♪

・・・・・・・・・・・ぶほっ!演歌かよw

このギャップw

良いですねぇ

一発屋にならないことを願います。

しかし後ろのダンサーはいらないような・・・・

 

さて話題は金八先生ですけども

いやぁやっぱ良いねぇ金八・・・

泣けるぜぇ・・・

ずーっと前ですけどモンドという黒人の生徒が父親と会う話。

あれはもう泣けましたね・・・

父親が息子を見た途端ギュッと抱きしめて・・・

でも次の日学校行ったらコナンがそれを真似してました

感動台無しにされました

 

あの野郎は・・・・

まぁ自分も一緒にやったのは言うまでもありませんが。

しかし金八先生の娘

名前が乙女

良い名前だなぁ

なんかこう絶対美人になりそうな名前だなぁ。

まぁ森三中の大島なんかがこの名前を名乗っていたら

怒り狂っていたと思いますけども

 

まぁ実際本当に良い先生だよ金八先生は

勉強以前に人として大切なことも教えてくれるし

良いドラマだ

自分がもし先生だったら授業中アメリカンジョークをはさむファンキーな先生になりたいなぁ

「ここテストにでるぞぉ!・・・じゃぁここでジョークを一つ・・・ある飛行機で機長がマイクを付けっぱなしにしてたんだなぁ、それに気づかずに機長は

「あぁーナニをしゃぶって貰いたいぜ・・・それと熱いコーヒーも欲しい」

と、独り言を言った。勿論その独り言は機内にダダ漏れで客はどよどよし始めた。それ気付いたスチュアーデスは急いで操縦室に走って行った。すると客の一人が

「コーヒーも忘れるな!!」

と叫んだ。HAHAHAHA!」

 

・・・・・・俺に教師は無理そうだな。

・・・・・映画レビュー・・・・・

今日紹介するのは「21g」

210q1t9gq5l 大学で数学を教えるポールは余命1か月と宣告され心臓のドナーを待つ日々。また、夫と二人の幼い娘と幸せな生活を送るクリスティーナ。一方、前科を持つジャックは、神への信仰を生きがいに妻と二人の子供と暮らしていた。だが、ジャックが起こした悲劇的な事故をきっかけに、出会うはずのない3人の運命が、思いもよらぬ結末へと導かれていくのだった。

監督は以前紹介した「アモーレス・ペロス」「バベル」のアレハンドロ・ゴンザレス・イリャニトゥ(相変わらず長い)

主演は大好きなショーン・ペン、ベニチオ・デル・トロ、ナオミ・ワッツ。

相変わらずショーン・ペンかっこいい

この作品の特異なところは時間軸

冒頭で主要な登場人物がバラバラに登場し、ちょっとすると血まみれのショーン・ペンをナオミ・ワッツが抱きかかえ、震え上がったベニチオ・デル・トロに「救急車を呼んで!」と叫んでいる、いきなりの修羅場が映し出される。

そこから彼は何者で、どんな状況なのか、などの因果関係が徐々に明らかになっていき、

やがて運命の歯車が狂いだした者達の全体像が浮かんできます。

すごいです。

過程と結果を両方見せられる感じです。

絶望的結果にどうしてこんなにも惹かれて行くのか。

それを表した過程の撮り方には脱帽です。

人はなぜこんなにも絶望的な方向へいってしまうのか。

誰が悪い訳でもなく、皆傷ついているだけなのに。

人は死ぬと21g軽くなる。

それは魂の重さなのか?それとも・・・・

心の重さ、そこから逃げた男。

愛の重さ、それを失った女。

神の重さ、それを捨てた男。

全く関係のなかった三人の人生が一つの事故で交差していく。

ポールは待ち望んでいた心臓を手に入れ、クリスティーナは家族を失い、ジャックは神への進行を失った。

一つの心臓で、絡み合う3人の運命。

それぞれが失い、それぞれが求める21gの重さ。

ラストでは絶望の中に一つの希望が生まれます。

終わった後の重量感が堪らない一品です。

では!

にほんブログ村 映画ブログへ

2008年3月 5日 (水)

恐怖と笑いは紙一重

 

働かざるもの食う、寝る、遊ぶ。ー byゴトひろ

わが人生の格言にしたい言葉ですね。

ニート?

上等です。

絶対働かない覚悟

これも極めれば、また真理となりえる。

 

では親など親類に迷惑をかけずニートになる方法は?・・・・

それはある程度、財をなしてからなる

 

結局働くことになるわけですが・・・・

そんな近頃夢を見ている所存であります。

こんばんは

 

先日テレビで怖いのやってましたね。

ああいうのを部屋で一人で見るのが好きなんですが。

あれ結構怖かったんですけど・・・・・

夜中とか帰るとき山道通って帰ってる俺はどうすりゃいいんだよ・・・・

あんなの見たら怖くて通れないじゃないかぁああああああ

自分で見たくせにね・・・・

でも怖さと面白さは紙一重です。

例えばリング貞子で試して見ましょう。

テレビから出てくることで有名な貞子

では

呪いのビデオをカーナビで見たらどうなるのか?

多分かなりサイズダウンした貞子がでて来るでしょう

そりゃあもうリスぐらいの

・・・・ひまわりの種を食べる貞子

・・・・・肩に乗っかる貞子

・・・・・ポケットに潜む貞子

そりゃあもうあんな怨霊ですからたまに噛むことだってあります。

ガブっ

ナウシカ「・・・・ほら、怖くない・・・・」

・・・・・・ペロペロ

ナウシカ「ユパ様この貞子貰ってもいいですか!?!?」

 

愛らしいじゃないですか・・・フフフフフ

むしろ面白さではなく、愛らしさを貞子に感じてしまう自分は異常でしょうか?

 

じゃぁ今度は呪怨

その家に行くとカヨコに呪われてしまう・・・

では

その家で総勢600人ほどでホームパーティをしたらどうなるのでしょう?

庭で遊ぶ子供達、家の中で談笑する親や大人、キッチンで料理に追われるシェフ。

その600人を全員呪い殺すのでしょうか?

どうやって?

子供の遊ぶ中一人場違いな子が一人

色白でパンツ一丁のトシオ君

親「あら!?変な子が一人紛れ込んでいるわ!それにあんな格好で・・・気味が悪いわ・・」

親2「だめよ・・・そういうこと言っちゃ・・。あの子はね・・・・そういう厳しい環境で育った子なのよ・・・・ちょっと!あの子に何か暖かい食べ物を!」

見事に心配されてますね。

そんな中今か今かと待ち構える家の主カヨコ

誰かが一人になるのを待ち構えて、必ず人間が一人になる場所、トイレへ。

そんな中一人の男がトイレへ

男「ふぅーーーーーー。やっぱ今日は寒いからな。トイレが近い・・・・」

・・・・・・・・・・

カヤコ「あ”あ”あ”あ”あ”あぁああああああ」

男「!!うわぁ!・・・・・・・」

カヤコ「あ”あ”あ”あ”・・・・・!!キャっ!!・・・・・・」

男「・・・あっ・・・すいません!」カチャカチャ

 

いくら怨霊でも、生前は女。

男の放尿シーンなど見たらはにかんでしまいますね。

可愛いもんじゃないですか・・・フフフフフ・・・・

 

・・・・・映画レビュー・・・・・

今日紹介するのは「ハイ・フィデリティ」

314d9entg5l 30代の音楽ジャンキーが主人公のラブ・ストーリーを「グリフターズ 詐欺師たち」の主演・監督コンビで描いた作品で、全編にマニアが喜ぶロック・ナンバーがフィーチャーされている。音楽をこよなく愛するロブ・ゴードンは、シカゴで小さな中古レコード・ショップのオーナーをする30代の独身男。音楽へのこだわりがあまりに強すぎるためか店のほうはパッとしない。同棲中の彼女ローラとは結婚もせずに中途半端な状態。ついにある日、ローラは理由も告げずに家を飛び出してしまい……。

主演はジョン・キューザック

他にもジャック・ブラック、ティム・ロビンス、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、リリー・テイラーと豪華。

恋愛下手な音楽オタクの主人公の、過去の恋愛で辛い別れTOP5を振り返る。

という話なんですけど。

普通に笑えます。

でも人間臭くて笑えるところが多いのかな。

自分より知識やセンスがない客に対しては冷たかったり、誰でも経験あると思います。

ティム・ロビンスをボコボコにする妄想シーンも笑えます。

彼女に復活の可能性はゼロじゃないと言われ喜び、バックではクイーンのウィーアーザチャンピオンがかかる所もまた良いですね。

何よりジャック・ブラックのキャラが良い!

いつも皮肉っぽくてウザがられるけどそこがまた良い

最後には自慢の歌声を披露してくれます。

音楽ネタも多くて音楽マニアは必見です。

自分は未公開シーンのピストルズのレコードのくだりが好きです。

ぜひ見て欲しいですね!

かしてくれたジミー!ありがとうございます。

では!

にほんブログ村 映画ブログへ

2008年3月 2日 (日)

焦り

 

はぁ・・・・

もう先輩達は卒業です。

んーー。

なんというかやっぱり寂しくなりますね。

一生学校に居るような気がしていたのに・・・

こう考えるとあっという間だ。

あと一年しかないんだなぁ・・・・・・

でも残りの一年を無駄に過ごすことだけはしたくないなぁ。

 

最近時間を無駄にしているなぁと思うことが多いです。

昨日友達を待っているときでもすごく時間がもったいなく感じました。

なんなのでしょう?

待っているとき

「もっとやるべきことがあるんじゃないか?この時間をもっと有効に使えるんじゃないのか?」

という考えがずっと頭にあってすごくもどかしい感じだった。

なんというかもう十代なんて俺はあと3年しかないし

もっと何か自分のしたいことを学びたい、無駄な時間は過ごしたくない。

何で俺はこんなに焦っているんだろう・・・・

先輩達が卒業していくのを見て焦ってんのかな?

いずれ自分たちもああなるのか・・・

はっきり言って今年の先輩達はいい例じゃない

就職も進学もギリギリで自分がしたいことと全く関係ないような仕事を選んでるやつもいる。

自分は絶対「とりあえずこれでいいや」なんてことはしたくない。

それこそ時間の無駄だし、絶対続かない。

やりたいことをやりたい

でも人と違うことをするのはすごく難しい・・・・・

今から何かしておくことがあるならやっておきたい。

でもそれも分からない

これが焦りの原因なのかもしれない・・・

誰か教えてくれぇぇぇぇえええええええ

 

と十代の悩みです。

ガラにも無いことを書いてしまった

シャアが聞いたら「これが若さか・・・」とか言われそうw

 

・・・・・映画レビュー・・・・・

今日紹介するのは「バベル」

Images

原題のバベルとは『旧約聖書』の「創世記第11章」にある町の名。町の人々は天まで届くバベルの塔を建てようとしたが神はそれを快く思わず、人々に別々の言葉を話させるようにした。その結果人々は統制がとれずばらばらになり、全世界に散っていった。映画ではこれを背景として、「言葉が通じない」「心が通じない」世界における人間をストーリーの行間から浮き上がらせていく。

  

モロッコ

羊を狙うジャッカルの退治に父親からライフルを渡された遊牧民の兄弟。羊の放牧に出た正直なアーメッドと要領のいいユシフは射撃の腕を競ううちに遠くのバスを標的にしてしまう。

たがいに心の中に相手への不安を抱えながら、旅行でモロッコを訪れたアメリカ人夫婦のリチャードとスーザン。観光バスで移動中にスーザンは銃撃を受けて負傷、観光客一行は近くの村へ身を寄せる。

アメリカ・メキシコ

リチャード・スーザン夫妻の子どものベビーシッター、メキシコ人不法就労者のアメリアが主人公。メキシコ・ティファナで催される息子の結婚式が迫っているが、夫妻が旅行中のトラブルで帰国できず、代わりに子どもの面倒を見てくれるはずの親戚も都合がつかない。しかたなく彼女は子どもたちを結婚式に同行させる。その帰り道に運転をしていた彼女の甥は、酔ったはずみから国境を強行突破してしまう。

日本

チエコは父と二人暮しのろう者の女子高生。母親を亡くした苦しみをうまくわかちあうこともできない不器用な父娘関係に孤独感を深めるチエコだが、街に出ても聾であることで疎外感を味わっている。ある日、警察が父親に面会を求めて自宅を訪れるが、チエコは刑事の目的を母親の死と関係があると誤解する。

監督はアレハンドロ・ゴンザレス・イリャ二トゥ

「アモーレス・ペロス」「21グラム」の監督です。

紹介してなかったっけ?と思うほど印象強い作品

日本も舞台になり話題になりましたね。

この監督の作品の特徴の「一つの事故で狂いだしていく人々の歯車」

この作品もそうです。

今までは3人という人数でしたが今回は人手はなく国別になりましたね。

一番強烈だったのはメキシコの話だと思います。

アメリカからメキシコにに入るメキシコ人は何も言われないのに、アメリカへ入るメキシコ人へは厳しい。

誘拐犯と疑われてしまうところは、国の分かり合えない部分が浮きぼりなっているのが感じます。

モロッコでは子供のいたずらがテロ容疑になり、

日本では聾唖者である少女が世の中から疎外感を感じ・・・・。

言葉が違う、肌の色が違う、そんな理由で人は別たれてしまう。

そこには否応無く大きな壁で隔たれる。

正直、日本の話が一番くだらない。

でもそれが外国人が日本人に言う裕福な国の哀れな子供達ということなんですかね。

この作品をみて「何を言いたいのか良く分からない」と言う人が多いらしいですね。

解らなくていいんです

この作品は解り合えないもどかしさを描いた作品なのですから。

ぜひ見ていただきたい作品です。

では!

にほんブログ村 映画ブログへ

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

最近のトラックバック