フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 山がむかえてくれた | トップページ | 核の冬が来るぞ!!・・・ていうか来た!! »

2008年2月11日 (月)

アメリカン・アース

 

今日映画見に行って来ました。

「アメリカン・ギャングスター」「アース/earth」見ました

どちらもスンバラシイ作品だったのですが一つ心残りが・・・

映画鑑賞中のマナーが悪すぎんだよ!ヴォケ!

 

アース鑑賞中

人が多くていつもの特等席の一番上の一番左に座れなかったので一つ下の段に座りました。

すると上のほうから

「・・・ガサガサガサ・・・」

・・・・(ビニール袋ガサガサすんなよなぁ・・・まぁすぐ済むだろ)

ガサガサ・・・・ガサガサ

・・・・・・・・・・

ガサ・・・・ガサガサ・・・・・

・・・・・・・・・・

ガサガサガサガサガサガサガサ!!」

どんだけ確認すりゃ気が済むんだ!この野郎ぉおお!!!

結局10分ぐらいガサガサしてやがったよあのボンクラ(誰かは解らない)

 

もうこうなると文句は止まらない

後ろの席の親子が会話をしだす

子「ねぇ!ライオン!」

親「そうだねーライオンさんだぁ!」

(微笑ましい親子の会話だ・・・フフフ・・・)

子「あーあの鹿食べられちゃった!」

親「鹿じゃなくてあれはガゼルって言うんだよ」

(・・・・・フフフ)

子「あー象が食べられちゃう!!!」ドンドン!!

親「ほらお母さん象が助けたよ!」

(・・・・・・・・・・・・)

親「クジラだよ!おっきいねぇ!」

子「すごーい」ドンドン!!

(・・・・・・・・・・・・・・)

子「あぁ!サメだ!」ドンドンドン!!

親「わー怖いねぇ!!!」

 

どんだけ後ろで解説いれんだよ!渡辺謙に任せろ!

つーか後ろ叩くな!親注意しろよ!

 

もう頭に来る!もう前々から思ってたことを全部言わせて貰います

上映中にケータイいじるな!光が気になる!

ポップコーンをくちゃくちゃ音立てて食うな!普通は音しねーよ!

センベイばりばり食うな!(過去にやられた)

ガサガサ音立てんな!上映前に済ませとけ!

ヒソヒソと話をするな!館内が静かだとうるせーんだよ!

子供が騒いだら親が注意しろ!当然のしつけだろ!

なんで映画館でゲームやるんだよ小学生!何しに来たんだよ!

映画の内容に気持ち悪いとか言うな!思っても声に出すな!

最低限の映画マナーだぞ!?

と一映画ファンからの苦情です

何様のつもりとはお思いでしょうが人にやられて嫌なことは人にするなということです。

皆さん映画上映中はお静かに

 

・・・・・映画レビュー・・・・・

では今日見た「アメリカン・ギャングスター」を紹介します。

Images 1968年、フランク・ルーカスは長年仕えたハーレムの黒人ギャングのボスの死後、独自の麻薬ビジネスを展開する。やがて大物マフィアをも出し抜く成功を手にするが、目立たないことを信条にする彼の素顔はベールに包まれたままだった。一方、汚職がはびこる警察組織の中で正義を貫こうとする刑事リッチー・ロバーツは新設された麻薬捜査チームのリーダーに任命され、ドラッグ市場を牛耳る謎の人物に迫って行くのだった。

こちらの作品、内容のせいか周りはほとんど中年のおっさんだったのですごくマナーは良かった。高校生の自分が一人浮いていましたが・・・

ラッセル・クロウとデンゼル・ワシントンというだけでハァハァしてしまうのに監督がリドリー・スコットなんてきいたらもう大興奮ですよ

内容はもうすごく良いです(まだ上映期間中なので控えめにします)

音楽もかっこいいしストーリーも実話なのに違和感が全然無い

アメリカの実話犯罪映画史上では自分の中ではジョニー・デップの「ブロウ」にも並びます。

麻薬王という内容では同じですね

これでもかというほど現実を突きつけられます。

なんせマフィアが100年かかっても出来なかったことをこの実在の人物フランク・ルーカスは成し遂げたのですから。

劇中の

「成功して行くとその分不幸になる奴が増える。成功は敵を作るんだ」

という台詞が心に残りました

みて損はない作品です

ぜひ劇場に足を運んでみては?

ではこのへんで!

にほんブログ村 映画ブログへ

« 山がむかえてくれた | トップページ | 核の冬が来るぞ!!・・・ていうか来た!! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

 たしかに マナーのなってない人いますね
 多いのは携帯電話。あれだけ事前にOFFに
してね、って説明されてるのに、できれば
劇場内が圏外になるような装置ないんです
かねえ。
 子供は…やっぱり親次第だとおもいますが
私はできるだけ子供の来ないような時間に
観るようにしてますね。(6時以降とか、
平日昼間とか)
 

ゆじえむさんどーもです!
携帯の音を聞いたり光がちらついたりすると本当に頭に来ます。
とにかく現実に引き戻される感じが嫌です。
子供なんで目くじら立てても仕方ないんですがあれは度が過ぎますよぉ・・・自分が子供のときあんなことをしたら親に殴られたもんですよ

こんばんは。
以前、そばに座ってたカップル(女の方)が、次こうなんねんでというのを聞いて、席を立ったことがあります。最低です。
「アメリカン・ギャングスター」観たいですが、どうも行けそうにありません。多分DVDになりそうです。

応援クリックして帰ります。

Whitedogさんこんばんは!
最低ですね!鑑賞中に内容について口に出されるのは本当にいやですよねぇ。
海賊版のキャンペーンの前にこっちを何とかして欲しいですね。
アメリカン・ギャングスターは中々ですよ!
自分も見ましたがDVDは買いです!

こんばんは。
こちらでははじめましてです。
映画館にせんべいってすごい取り合わせですね(笑)
私は「少林サッカー」を観て以来、映画館には行っていないので、映画館の記憶があまりないのですが、
近ごろはそんなにマナーの悪い人々もいるのですね~。
映画はやはり黙って観るべし、です。

こんばんはみかんの木さん!
せんべいバリバリはマジでムードも何もないですよ・・・
ちょっとあの映画館にはもう足が遠くなりそうです・・・
マナーはやっぱり作品によって違いますね。
見る人の違いですかね?
気になる記事がありましたらまたどんどんコメントください
では!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/504958/10440491

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカン・アース:

« 山がむかえてくれた | トップページ | 核の冬が来るぞ!!・・・ていうか来た!! »

最近のトラックバック