フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 弾丸坊主 | トップページ | ジョニー・デップのせいで »

2008年2月23日 (土)

たまに見るとキュンと・・・・

 

テストも無事終わりました。

まぁ内容は全然無事じゃありませんが・・・・

こういうことがあると今まで勉強を怠っていた自分、授業中遊んでいたりしていた自分、全てが憎らしい・・・・

まぁもう終わったことをぐちぐち言うのもやめましょう

 

そういえば昨日のロードショーで「耳をすませば」やってましたね

見たのは中学以来でしょうか・・・・

その頃見たときはなーんも考えず見てたんですけど

この歳になって見るとなにか感慨深いものがありました。

ラスト辺りでは本当にもうなんか

「ああぁ・・・恋っていいなぁ」

などとw

なぜこう思えるようになったのか、考えてみるとあることに気が付きました。

そうか・・・もう俺は主人公達より年上なんだなぁ・・・・と・・・・

それまではこんなのありえねぇ!とか思う訳ですよ・・・不本意ながらも

しかしもう彼らとは歳上の立場

見ているとなんだか昔の自分と重ねてしまいますね

受験に嫌気が差してもう高校なんざいかねぇ!とか言い出したり、受験前に何かに熱中したり・・・(主人公は物語、自分は映画でした)

まぁ決定的に違うことは本気の恋がなかったことですかねぇw・・・・

いつもは純愛なんざクソ食らえでいつも義姉に恋をしたり(アモーレス・ペロス)、愛しているからこそ相手のために自殺する(シン・シティ)、といった歪んだ愛情作品ばかり見ている俺ですが

たまにはこういうのもありかなぁと・・・・

あの青臭い恋が何とも言えず・・・・

自分は中学の頃勿体無いことをしたなぁ・・・・と思いましたね。

久しく恋をしてないなぁ・・・・

まぁそれがヤスの名言の理想の女性に出会っていないからでしょうかw

はあ・・・・

バイトめんどくせ

・・・・・映画レビュー・・・・・

今日の作品は前がたそがれということで「隠し剣 鬼の爪」

21zgr493vml 幕末。東北の小藩である海坂藩の平侍である片桐宗蔵は、母と妹の志乃、女中のきえと、貧しくも笑顔の絶えない日々を送っていた。やがて母が亡くなり、志乃ときえは嫁入りしていった。ある日宗蔵は、きえと3年ぶりに町で偶然再会する。伊勢屋という大きな油問屋に嫁いで幸せに暮らしているとばかり思っていたきえの、痩せて寂しげな姿に胸を痛める。きえが嫁ぎ先で酷い扱いを受けて寝込んでいることを知り、やつれ果てたきえを背負い連れ帰る。平侍である宗蔵の貧しい暮らしが、回復したきえの笑顔で明るい毎日に戻った時、藩に大事件が起きた。かつて宗蔵と同じく藩の剣術指南役だった戸田寛斎の門下生だった狭間弥市郎が、謀反を起こしたのだ。宗蔵は、山奥の牢から逃亡した弥市郎を切るように命じられる…。

ゆじえむさんも好きということなんで気を引き締めて紹介しますw。

順をつけるとたそがれの方が自分は好きなのですが、こちらも違った良さがあります。

まずたそがれと同じでこちらもかなり時代背景や地方の特色を徹底してますね。

料理も海坂特有の郷土料理らしいです。

西洋文化で衰退してゆく剣術、走り方もこの時代ではまた違ったんですねぇ

内容では兄弟弟子を斬るときの心情、

そして侍らしく斬られて死ぬのではなく、鉄砲で撃たれ死んだ狭間への無念の気持ち・・・

死んだ狭間に言う台詞が片桐は本当に狭間を兄弟のように思っていたんだというのが感じます。

そして狭間の妻が狭間を助けるために身売りまでしたのにそれも叶わず、騙され、そして自らの命を絶ってしまう。

本当に切ないです・・・

そしてきえの叶わぬ恋心

身分の差とは本当にもどかしいです。

しかしラストでは・・・・といえばネタばれになってしまうので遠慮。

隠し剣という題名なので、バリバリの斬ったはったの時代劇とお思いの方も多いと思いますが

ラストではその意味もわかります。

ぜひ見ていただきたい作品です。

では!

にほんブログ村 映画ブログへ

« 弾丸坊主 | トップページ | ジョニー・デップのせいで »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

 「隠し剣」ご覧になりましたか。
 狭間が鉄砲に倒れたあとの片桐の台詞は
泣けますね。
 私は涙脆いんで海岸のシーンとかもう
ボロボロでした。
 それだけに あのラストは…(^。^)
 でも 「隠し剣」といい「たそがれ」、
「武士の一分」といい、藤沢作品はそれぞれ
に似たシーンがあって混乱しちゃいそうです。

 あと「壬生義士伝」では 三宅裕二演じる
大野次郎右衛門が おにぎり握るシーンが
一番泣けました。
 自分を頼りに命からがら逃げてきた親友に
切腹しろとしか言えない悲しさとせめて切腹
の前に空腹を癒してやろうという切なさが
感じられて、何度観てももう…

試験終了、おめどてーございます!
いいですねー終了したときの開放感は。
(そうでもない!?)
私は、もーずうっと味わってませんが…ふふ

私も中学のときに見たエーガは心に残ってます。
感受性のするどーい時期ですからね。
確かに、あのころ、主人公たちはみーんな年上でしたね。

ゆじえむさんへ
片桐の「悔しいだろうのう・・・」という台詞は本当に無念さが伝わってきますよね・・。
映画化した藤沢周平の原作は読んでいたので入り込みやすいです。
壬生義士伝のそのおにぎりを握ってやるシーンもいいですよねぇ・・・
今度壬生義士伝のレビューも書きたいと思います!

葵さんへ
試験が終わったあとは本当にサッパリしますw。
確かにあの頃見た映画は印象強く残ってますね。あの頃ショーシャンクの空にとシン・シティを見ていなければ今の映画好きの自分は居ないと思いますし・・。
でも耳をすませばはこの歳になって見たからまた味が出てきたんだなと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/504958/10705866

この記事へのトラックバック一覧です: たまに見るとキュンと・・・・:

» 綾瀬はるかの全裸映像流出! [綾瀬はるかの全裸映像流出! ]
綾瀬はるかの全裸映像流出!入浴シーンのCM撮影時の映像入手。完全に乳見えてる [続きを読む]

« 弾丸坊主 | トップページ | ジョニー・デップのせいで »

最近のトラックバック