フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« カウガールエド | トップページ | たまに見るとキュンと・・・・ »

2008年2月20日 (水)

弾丸坊主

 

今日はテストだった

それはもういい・・・

もっと衝撃的なことがあった・・・

朝教室へ入ると・・・・

ガラッ

俺「・・・・・・・・・・・・・・」

皆「・・・・・・・・・・・・・・」

コナン「・・・・・・・・・・・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

俺「俺のコナンはどこぉおおおおおーーーーー!!!???」

 

なぜこんな台詞が出たのかというと・・・

それは昨日にさかのぼる・・・・

俺「うーっす」

元気「おいっ!コナン見てみ!」

俺「?・・・・!!こいつ髪右側坊主にしてる!」

っと前の日はかっこいいオシャレヘアーだった彼

しかし今朝の彼は昨日のソレとは違っていた

 

俺「・・・・・・・・・・」

皆「・・・・・・・・・・」

コナン「・・・・・・・・・・・」

・・・・・コナンが丸坊主になってる!!!!

そりゃもう見事な坊主

オシャレヘアーの寿命一日

なぜ?

もう聞きたくてしょうがない

なぜ?と小一時間問い詰めたい・・・・

理由

昨日のオシャレヘアーを先生にばれて怒られる前に自主的に坊主にした

 

一同「ぎゃはははははははははは!!!!」

皆思うだろう

じゃぁ最初から切らなきゃ良いのに・・・・

というか

このテスト期間中にお前は何をやっているんだ

自主的に反省している暇があったら勉強でもしてろw

サッカー部なのに教室では一番野球部らしい髪型の彼

全くおかしな奴だw

 

 

って明日は一番問題の数学のテスト・・・・

でも先輩のジンに教えてもらいにいって少しは理解できました

いつもは馬鹿に見える先輩のジンも、ものすごく頼りにできる奴だなぁとちょっと見直しました。

本当は記事書いてる場合じゃなかったけど

朝から面白いことがあったのでいても立っても書いちゃいました

 

坊主って・・・・・ップ・・・・・・

・・・・・映画レビュー・・・・・

今日紹介するのは「たそがれ清兵衛」

21n1qqsqwal 幕末時代の庄内地方。海坂藩の御蔵役を務める井口清兵衛は、夕方に仕事を終えると真っ直ぐ自宅に帰り、家事と内職にいそしんでいた。重度の痴呆症を抱える老母と幼い二人の娘の世話、そして労咳で死んだ妻の薬代や葬儀などで嵩んだ借金を返済するためだ。日々の暮らしに追われ、次第に身なりが薄汚れていく清兵衛。同僚たちはそんな彼をたそがれ清兵衛と呼んでいた。

監督は山田洋次

原作は藤沢周平

いやいや山田洋次には脱帽です

本当に素晴らしい作品です

今までの時代劇は地方の訛りもなく、夜も不自然に明るいなんというかあざとさがありました。

しかしこの作品は夜は限りない闇夜、庄内の東北訛り、時代背景にすごく忠実です

なによりストーリー

原作が藤沢周平というだけあってこの人に貧乏侍の話を書かせたら日本一です。

低収入の侍の辛さなどが本当によくわかります

仕事もだいそれたものではなく会計士?みたいな仕事だし

本当にこだわってるなぁ・・・

すごいです山田洋次

そして彼は隠れた戸田流の使い手、妻の葬儀のために刀まで売り、家族のために人を斬る仕事も受けます

最後の殺陣のシーンも素晴らしいです。

この作品の凄いところは山田洋次のこだわり抜いた時代劇のリアルさだとおもいます。

とても素晴らしい作品です。

ぜひ見てもらいたいです。

では!

にほんブログ村 映画ブログへ

« カウガールエド | トップページ | たまに見るとキュンと・・・・ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

坊主ね~、みんなの前でされたよ。職員室の外で、上半身裸&丸刈り。昔は、こんな事がまかり通っていました。素敵な時代でしょ?
たそがれは、いいですね。大好きです。生活感あふれる温かい時代劇です。
では、数学頑張ってください

応援ポチ

Whitedogさんこんばんは!
実は自分も以前学校で坊主にされましたw
嫌でしたぁ・・・・

たそがれを見ているとなんだか優しい気持ちになれますよね。いい作品です。

応援ありがとうございます!
テストおわりました!
点数はまだ分からないのでそれはまた後日に・・・

こんばんは 試験 おつかれさまでした。
 おしゃれヘアが一転、坊主頭とは…まさに「自分自身の若さゆえの過ち」ってやつですね。(笑)

 「たそがれ清兵衛」ですか…TVドラマなんかではあまり描かれない地方の下級武士の暮らしが描かれていて、武士といっても良い暮らししてるとは限らないのかと勉強になりました。
 なんといってもいいのが あの「方言」ですね。あの「~でがんす」っていう言葉の響きが好きです。
 清兵衛の得意な武器が本来は守りの武器である「小太刀」なのも好きなところです。
 この時代を描いた映画は他に「隠し剣 鬼の爪」や「壬生義士伝」などが好きですね。
 

ゆじえむさんこんばんは!
その日の教室のミノフスキー粒子が異常に濃かったのは言うまでもありませんw

守るための剣という所がまた何ともいえないですよねぇ。
自分も東北出身なのであの訛りには親しさを感じました。
「隠し剣 鬼の爪」と「壬生義士伝」ですか
気が合いますね
両方ビデオ持ってますw
隠し剣は同じ藤沢山田タッグの作品ですね。
壬生義士伝は中村貴一の演技が素晴らしいです。特にこの刀は息子にやってくれ・・のシーンでは泣いてしまいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/504958/10649746

この記事へのトラックバック一覧です: 弾丸坊主:

» 井上和香 流出DVDの検証 [井上和香 流出DVDの検証]
最近増えている芸能人の盗撮流出騒動だが、今度の犠牲者はワカパイこと井上和香。井上とされる女性と、有名格闘家が全裸で絡み合うシーンが収めたDVDが流出したというのだ。 [続きを読む]

« カウガールエド | トップページ | たまに見るとキュンと・・・・ »

最近のトラックバック