フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« たまに見るとキュンと・・・・ | トップページ | 石川邸で学ぶ。イノセンスで学ぶ。 »

2008年2月26日 (火)

ジョニー・デップのせいで

 

本当は昨日書こうと思っていたのに・・・

思い通りにいかないもんだ。

日曜日髪を切りました。

人に切られると自分の思いどおりにならないので最近は自分で切ってます。

その日テレビでシークレット・ウィンドウやってたんで急いで切りました。

シャキシャキ・・・

(あーもう結構伸びてるなあ・・・・)

シャキシャキ・・・

(もー早くしねぇとシークレット・ウィンドウ終わる・・・)

シャキシャキ・・・

(ジョニー・デップ昔と比べて丸くなったよな・・・子供が出来たあたりから・・・)

ジャキッ・・・

「あっ!!・・・・」

・・・・前髪切りすぎたあああっぁぁぁ!!!

・・・・・・・・・・・・

フッ・・・

「ランバ・ラル 戦い(散髪)の中で・・・戦い(散髪)を忘れた・・・。」

中学生みたいになっちゃった・・・・

まぁ・・・やっちまったもんはしゃーない。

 

そういえば今日は受験だね。。。

受験生は今ごろ試験も面接も終わり、

とりあえずは肩の荷が下りたって所かな?

 

思えば自分は全く受験勉強なんてしなかったなぁ・・・・

帰ってくると母に

「地元校だからって油断してないで勉強しろっ!!!」

っていっつも怒鳴られてたなぁ

でも俺は

「あんな高校馬鹿でも入れるっつーんだよボケ!!」

と反抗期真っ盛りでした。今思うと恥ずかしい限り・・・・

とりあえず勉強はせずに面接の練習ばっかしてたな。

「俺は試験じゃなくて面接で点を稼ぐぜ!!」

と頭の悪さ丸出しの中三だった

 

受験前日は雪だるま作って遊んでるくらいの馬鹿でした。

でも寝る前に急に不安になって教科書を読んでいた記憶が・・・ふふふ

んでもう

「あぁーもう明日隕石降って全部消えて無くなれ!!!」

っと

受験生特有の葛藤に悩まされた前日・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

あれ?あんまし今と変わってないな・・・・

特に前日になって焦る所とか・・・・

成長してねぇ・・・・w

 

というか地元は全員受かったんですけどね・・・。

こんな馬鹿を受け入れてくれるなんてあの高校も結構ぶっ飛んでるなぁ・・・w

まあ今はなんでもっと勉強してマシな高校に行かなかったんだと後悔してますが。

・・・・・映画レビュー・・・・・

今日紹介するのは「ドッグヴィル」

21t03y76e8l

舞台は大恐慌時代のロッキー山脈の廃れた鉱山町ドッグヴィル(犬の町)。医者の息子トム(ベタニー)は偉大な作家となって人々に彼のすばらしい道徳を伝えることを夢見ていた。

そこにギャングに追われたグレース(キッドマン)が逃げ込んでくる。トムはグレースを受け入れ、かくまうことこそが道徳の実践だと確信し、町の人々にグレースの奉仕と引き換えに彼女をかくまうことを提案する。

グレースは受け入れてもらうために必死で努力し、いつの日か町の人と心が通うようになる。しかし、住人の態度は次第に身勝手なエゴへと変貌していく・・・。

監督は「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のラース・フォン・トリアー

主演は二コール・キッドマン いつまでも若いなぁ・・・

まず眼を見張るのがこの作品

ドッグヴィルという町

全部白線なんです。

でかいスタジオのなかに白線で書いただけの町、畑も、家も、ドアも、そしてまでも白線で書いただけ。

最初は違和感バリバリですが

見ているうちに引き込まれそのうち慣れてきます。

そして肝心なのが内容

ドッグヴィルという他者を寄せ付けないような、閉鎖的な村

そこへ現れたギャングに追われていた美しい女性グレース

村に滞在することになり皆に気に入られようと献心的に仕事を手伝うグレース

徐々に皆も心を開き彼女を受け入れて行きます。

ところがその善意がエゴへと変わっていきます。

「村に居るためには、何かを奉仕する」

最初はどうでもいい仕事や、肉体労働だったのですが、次第にエスカレートし、レイプされ、金を盗んだと言われ首輪に鎖をつけた重しまでされます。

しかし住民はそれを善意だと思いつづけているのです。

道徳心というものは欲に駆られると何の意味ももたないんですね。それも自分達が正しい、奉仕される側は何をしても良い。

そういう考え方がいかにも傲慢です。

色んなところでこの作品のレビューを見てみましたがこんな感想がありました。

「入り込めなかった。まず人間は悪い人も居ればいい人も居るし、あんな村なんてありえない」

そう思いたいのは山々ですが、経験で言わせて貰うと、このような村や町はいたるところにありますよ。

自分は昔、今住んでいる所よりも大分田舎の小さな港町に住んでいたのですが、その町の住人達にそっくりでした。

周りの人たちと妙に連帯意識が強く、小さなことでも大ごとにして、何かの噂があればすぐに町に広がり、噂の人は悪者になり町の人は良い顔をしなくなる。

ドッグヴィルの住人とそっくりではないでしょうか。

確かに人間は、悪い人も居ればいい人も居る。

ですが連帯意識があると、良い人でも悪い人になるんです。まずあっちからしたら自分が悪者なんて思っていないですから。

正直ラストも壮絶です。

人間の醜さ、愚かさ、汚さがリアルに描かれています。

人間の道徳心の無意味さが良く分かります。

見たいと思う人だけ見てください。

では!

にほんブログ村 映画ブログへ

« たまに見るとキュンと・・・・ | トップページ | 石川邸で学ぶ。イノセンスで学ぶ。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

観終わって、いや~な気分になるんですよね。この監督さんの作品。人間の嫌な部分をこれでもか~って感じで見せつけるので・・・
でもまた観ちゃうんですよね。

自分で散髪するんや・・・器用やね。きっとすぐに伸びるよ。○○は伸びるの早いって言うし(^ ^)
応援ポチ

シャキシャキというハサミの音と、
ジョニーデップ… シザーハンズか?
 スウィニートッドか? 
 やっぱり、デップと散髪は相性悪いの
では?(笑)

Whitedogさんへ
確かにこの監督の作品はずっしりとした余韻が残りますよね。
でもどれも他の追随を許さない素晴らしい作品ばかりですね
髪は伸びるの異常に早いですよ自分
それってやっぱり・・・w

ゆじえむさんへ
うーん
やっぱりジョニデとハサミは相性悪いですね・・・
そのうち手がはさみになったり、血みどろになったりするかも・・・w

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/504958/10774137

この記事へのトラックバック一覧です: ジョニー・デップのせいで:

» ○○高校修学旅行の動画!! [エロ動画まとめブログ]
○○高校修学旅行の動画!!女子生徒って意外と下品なのね[動画1] [動画2] [動画3] [動画4] [動画5] [動画6]... [続きを読む]

« たまに見るとキュンと・・・・ | トップページ | 石川邸で学ぶ。イノセンスで学ぶ。 »

最近のトラックバック