フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 今更ながらエロかっこいい | トップページ | 理想の女性像について »

2008年1月15日 (火)

ある日俺は奇跡を体験する

今日から3学期が始まりました。

学校嫌いです。

理由は通うのがダルいから。

ニートまっしぐらな俺です。

しかし今日は三浦先生とこの冬休みでつけた映画の知識、ライ麦の感想など、たっぷりと語りあいました。

冬休み中話せなかった分を爆発させるように喋り捲ってしまいました。((すいません

しかしながらさすがはジミー三浦。

私の読みたがっている本、映画のツボをマッサージ師並みの正確さでドツボ突いてきやがります。

あなどれん・・・

しかし自分にはどれほど未見の世界があるのかを解らせてくれました

それはビートニック(ビートジェネレーション)の世界

まだ踏み入れていない(サリンジャーも軽くヒッピー文化なのですが)世界です

今日色々調べてみたのですがいやいや深い・・・

色んな文化のルーツになっているようなんですがこれはもっと深く踏み入れてから書いて行こうと思います。

とりあえず見たい映画も読みたい本も多い!

「勝手にしやがれ」、「ストレンジャー・サン・パラダイス」、「市民ケーン」、「ブレードランナー」

最近のなら「ルネッサンス」、「デスプルーフINグラインドハウス」、「プラネットテラーINグラインドハウス」

本はJ・D・サリンジャー「ナイン・ストーリーズ」、ジャック・ケルアック「路上」、フィリップ・K・ディック「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」

まったく人間とは欲が多いぜ!!

今日みんなと会ったが相変わらずどいつもこいつも見飽きた面だ((はぁ・・・

でもテンションが高くて楽しかったな

特にコナンとスティービーが(奴らは別格)

TはTでおかしかったしwみんな若さが溢れてるぜ!

新しい時代を作るのは老人ではない!!

っとどっかのニュータイプも言ってたしね。

でも楽しいのは初日だけさ・・・・

 

・・・・・映画レビュー・・・・・

今日紹介するのは「パルプ・フィクション

31wg6r6749l 基本的にオムニバスかつ、くだらない話(=パルプ・フィクション)の複合交差体であることに留意すること。あるレストランにて、柄の悪いいかにもチンピラとおぼしき二人のカップル、パンプキンとハニー・バニーが話をしている。パンプキンがいうには、「銀行強盗はリスクが多く馬鹿のすること」らしく、「それならもっと効果的な場所を狙えばリスクもなく大金が手に入る」という。ハニー・バニーが「どこを狙うのか?」ときいたところ、パンプキンは「レストラン、つまりこの場所を今すぐ襲おう」というのだ。ハニー・バニーはそのアイデアに賛成、二人はすぐに拳銃を抜き放つが・・・。マフィアのボスから彼の愛妻ミアの世話を頼まれた部下の殺し屋ヴィンセントは、断るわけにもいかず渋々承諾する。彼女が望むまま食事に連れていったり、ダンスを踊ったりしてヘトヘトのヴィンセントだったが、帰り際、ミアが薬物の過剰摂取で心臓が止まってしまい、ヴィンセントは仕方なく友人の売人を頼ることになる。落ち目のボクサーであるブッチはマフィアのボス、マーセルスから八百長試合を頼まれる。金に目がくらんで引き受けたブッチだったが、土壇場になって意地が働き、約束を裏切って試合に勝ってしまう。試合後、マーセルスの報復を怖れたブッチは逃走、恋人のファビアンヌと街を出ようとするが、そんなときになって父親の形見、父親の戦友が必死になって届けた金時計をアパートに忘れてきたことに気づく・・・。一仕事を終えた殺し屋のヴィンセントとジェールスは裏切った男を後部座席に乗せて自動車で移動していたが、そこでヴィンセントが悪乗りして拳銃をちらつかせる。それが仇となり、ふとしたはずみで銃が暴発。弾は男の頭部を直撃してしまう。血だらけの車内を警察に見られたらそれこそ破滅、しかしこのまま道路を走るわけにもいかない。二人は、ジェールスの友人であるジミーを頼ることになる。だが、当のジミーは激怒。さらに恐妻家である彼は、妻が帰ってくるまでに死体を処理しろと言う。そこで二人は、掃除屋として有名なザ・ウルフを呼び出すのだが・・・。厄介ごとをなんとかこなしたヴィンセントとジェールスは、あるレストランに立ち寄る。そこでつかのまの休息を得る二人だったが、そこに二人のカップルが現れる・・・。

この作品・・・異色という言葉がもっとも似合う作品ではないのでしょうか。

タランティーノが映画界の異端児と言われる理由が解る作品です。

実際内容はくっだらなーいのですがそうではない。そのくだらないのを面白く見せるやり方をタランティーノは解っているんですね。

まぁ腹抱えて笑うシーンもありました

そしてドキドキ?するシーンもあります

サミュエル・L・ジャクソン演じるジュールスがたまんないです

ちなみにこの作品色んな映画の中で「FUCK」という言葉の使用回数が群を抜いてトップです。

それだけでちょっとこの作品が普通ではないことが解ります。

ギャングとくだらないのギャップがとってもマッチしています

とにかく一見の価値ありです!

ではこの辺で

にほんブログ村 映画ブログへ

« 今更ながらエロかっこいい | トップページ | 理想の女性像について »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

今日はお久でした。ゴトひろくんの成長っぷりに驚かされるばかりです。その年齢でビートに興味を持つなんて・・・危険極まりないですね。ブラックリストに載せないと・・・。

 毎日のようにお邪魔してますが…
 パルプフィクションですか、 トラボルタ、ユマ・サーマンをはじめ S・L・ジャクソンやB・ウイリスほか
 豪華俳優陣が出演してる作品ですね。
 ザ・ウルフこと Q・タランティーノもGOODです。
 オープニングに流れる「ミザルー」がタランティーノ
ぽくて最高です。
 タランティーノといえば…「ジャンゴ」ではスキ焼き
の豆腐にブチ切れてましたっけ。(笑)
 
 

ジミー三浦へ
いえいえ、先生の教育の賜物です(爆
ビートの世界はまだまだなので教育お願いします!
ブラックリストなんてあるんすか?w

ゆじえむさんへ
どーもです♪いえいえもう毎日来てください!こっちからお願いしますよw!ゆじえむさんもかなりの映画好きですよね。
ノーマンズランドでもかなり参考になりましたし感謝しています!
パルプフィクションはもう異色ですよね!
自分にとってはたまんない作品です。

 タランティーノ 関連で忘れてましたが、「レザボア
ドッグス」はもうご覧になりましたか?
 あと「ユージュアルサスペクツ」なんかもインパクト
があって、私的にはオススメですが。

レザボアドックスは観ました!あれも負けず劣らずいい作品ですよね
ユージュアルサスペクツというのは初耳です。
参考にさせていただきます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/504958/9903893

この記事へのトラックバック一覧です: ある日俺は奇跡を体験する:

« 今更ながらエロかっこいい | トップページ | 理想の女性像について »

最近のトラックバック