フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ア・バオア・クー | トップページ | 今更ながらエロかっこいい »

2008年1月12日 (土)

Individual Eleven 個別の11人

風邪も良くなりやっといい気分になりました。

バイトだらけだったり風邪引いたり新年早々あわただしい年明けでした・・・

思えば去年・・・いろいろなことがありましたなぁ

映画は150本は見た気がします・・・(暇人)

石川先生との出会いでガンダム、攻殻機動隊にはまって夏休みはアニメ見まくったりもしました。

暇さえあれば海で泳いだり・・・

学校では文化祭や修学旅行もありました。

三浦先生からは映画やカウボーイビバップを薦めてくれたり本当に感謝しています。

皆さんは今まで見てきた作品の中でベスト1をあげるならなにを挙げますか?

自分は・・・んんーーーーー

1位というのはないなぁ・・・いっぱいありすぎて・・

バッファロー’66、バグダットカフェ、ミリオンダラーベイビー・・・んーーーこれが無性に好きなんだけどベスト1というのは付けられない・・・

世の中には素晴らしい映画が多すぎる! その分クソ映画も多いが(汗

友達は馬鹿な奴ばっかりだがそんな馬鹿な奴らが一番落ち着きます

風邪ひいてんのに無理やり遊びに誘うのはやめて欲しいが・・・((マジで

アホな先輩達はもう卒業だなぁ・・・寂しくなるが地元に残る奴はドッかつれてってくれるといいな

まぁ去年は自分が色んな意味で大きく成長できたような気がします。

皆さんこんなどうしようもない自堕落野郎の俺ですが改めて今年もよろしくお願いします。

・・・・・映画レビュー・・・・・

今日紹介するのは先日ゆじえむさんもお勧めしてくれた「ノーマンズランド

212rx0em09l 霧の夜、ボスニア軍前線に赴いた交代要員8人は無人地帯(ノー・マンズ・ランド)のセルビア軍前線寄りに迷い込んだ末、夜明けとともにセルビア側からの一斉射撃を受ける。そのうちの2人、チキとツェラは両軍中間にある無人の塹壕付近まで逃げるものの戦車砲で吹き飛ばされる。 その一人、肩を撃たれたチキは塹壕の中で意識を取り戻し銃を拾って帰り道を探すが、そこへボスニア側の意図を探りに2人のセルビア兵がやってくる。

この作品ずーーーーーっとビデオ屋でレンタル待ちしてたんですよ

でこないだやっと借りれたんですけど・・・

いやはや

人間って分かり合えないんですかね・・・

敵同士が言い合いしてる中地雷の彼は悟ってるように思えるんです。

自分の命が危険にさらされているからこそ戦争で人間同士が争う無意味さ

地雷をしかけられた自分の惨めさ

そして見捨てられる時の彼・・・すごく惨めな感じで・・・

ホテルルワンダと言い本当に国連軍って何も出来ないんですね

国連兵の嘆きも伝わってきます

ぜひ見てもらいたい作品です。

にほんブログ村 映画ブログへ

« ア・バオア・クー | トップページ | 今更ながらエロかっこいい »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
この映画も以前、紹介記事書きましたが、とても深い作品ですよね。世界中には今も処理されていない地雷が数え切れない位埋まっていて、関係のない子供達が沢山負傷し続けています。こういう作品こそ、沢山の人に観てもらいたいと思います。

私も好きな映画の順番は付けられません。不可能です。

またのぞきにきますね。
応援Click

Whitedogさんコメントどーもです♪
ノーマンズランド・・・ラストが目に焼き付いてます
不条理な世の中ですよね・・
いつでも覗きにきてください!
クリックあざっす♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/504958/9842734

この記事へのトラックバック一覧です: Individual Eleven 個別の11人:

« ア・バオア・クー | トップページ | 今更ながらエロかっこいい »

最近のトラックバック